未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

【とうとう陥落!】これからの相場の行方をズバリ

投稿日:

本日前場の日経は昨晩のNY市場の大幅安を受けて暴落、昨日の忖度満載の「おまる」の上げが逆効果となり、反動をつけて暴落した形となっています。

 

まぁしかし、この暴落、思い出して見れば、仮想通貨が盛り上がり初めてから何度も言ってますように、「仮想通貨が暴落したら時間差を置いて(何故か)株式市場も暴落する」と言う、2525の相場の方程式を確認できた相場ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

この説を唱えると、一時期、狂ったように「そんなの関係ない」だの「資金規模違うの知ってる?」だの言ってくる方々が仮想クラスタを中心としていらっしゃったのですが、

 

今年に入って流石に2度も仮想通貨が暴落してから株式市場が暴落したことで、誰も反論しなくなったのは草であります。

仮想通貨は再び暴落した、次は株式市場の暴落待ち

 

また、ここで忘れてはいけないのは、その時の相場テーマであるものが(今回の場合は仮想通貨)2度目に暴落して、株式相場も暴落した時と言うのは、過去を振り返ってみても1度目よりも2度目の株式相場の暴落の方が深刻で、今まさにそれを迎えています。

 

そして、通常の流れであれば、今晩のNY市場は週末リスクを避けて売りかと思わせてからのV字リバを演じるものですが、今週の相場の流れを考えると、ちょっとV字リバは考えにくく、リーマンショックの時にあったひたすら下げる金曜日、これをイメージする必要があると考えます。

 

ここ1、2年ほどずっと、不安材料がある金曜日、売り方を期待させといてからのV字リバと言う糞つまらない展開に皆さん飼いならされたと思いますが、

 

そもそも権利取りで買いが強いはずのこの週末にこの有り様なのですから、逆を突かれた向きがカットしてくると思うんです。

 

権利取りがあるから「買いが強い、上がる」と単純に思い込んでる人が結構いますからね、そういった人達の投げが出てくると思いますから、日経はもちろん、NY市場もいつもの金曜日とは違うと想定しておいた方がいいと2525は思います。

 

今はとにかく、日米共に政治的要因で下げてる上に、東京市場はモリカケ問題で一発がある環境にありますから、ここで純粋に買いを入れる海外投資家なんていないと思います。

 

また、先日より、個人を舐め腐ったヘッジファンドは「何か」を待ってると言って2525は警戒してたと思いますが、結局はトランプ大統領による貿易戦争の火ぶたがきられるのを知ってて、しばらく大人しくして、個人投資家に株を売りつけてたのだと言うことが分かりました。

 

前回までの貿易戦争ネタでは週末に「◎◎国は除外」として一転して穏やかな空気になり、落ち着きを取り戻していましたが、

 

今回の貿易戦争のネタに関しては、逆にこの週末に更に悪化する可能性が非常に大きいと思いますので、何度も言いますが、これまでの週末の戻りをイメージしてこの週末を持ち越すとエライ目に会う可能性が非常に高くなってます。

 

皆さん各自、ヘッジのポジションだけはしっかりと管理して欲しいと思うのと、売り方の皆さんは利益が出たのなら、一部でも利益確定はしておくことをお忘れなくお願いします。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.