さぁ2525と一緒に新世界へ(~with me)

投稿日:

本日の日経は大幅高だったものの、下記記事のような2525の後場の動き読みとは異なり寄り天後にヨコヨコとなりました。

原油の動きから不気味な雰囲気が市場に漂う、ショートしかない

本日の日経の動きは終始見事なヨコヨコ地蔵となりました。 やはりNY市場の動きに違和感あり     さて、日経が地蔵なのは仕方のない事ですので、NY市場の動きについて考えなければいけ ...

続きを見る

本日、一日様々なチャートを舐めるように見て色々と確認していたのですが、

やはり本日昨日の24時過ぎから再スタートしたトランプラリー、やはりこれは本物ですね。

スポンサーリンク

2525が昨日提唱していたように今晩のNY市場の動き次第では、皆さんに散々否定された2525の相場観、「今週末の日経は19700円」を捉える可能性も十分にあり、

そうなるには今のところドル円の動きがやや不安ではありますが、

理由は後からついてくる感じ(ここがポイント)でドル円も一緒に上がるものと2525は考えています。

そして、2525的にはNY市場は時間を使ってヨコヨコと言う調整を、我らが日経は時間と値幅を使っての調整を完了してます。

後は理由は何でもいい(実際そんな事が多い)のでトランプを担ぎ上げる投資主体がとうとうNYダウの20000ドル超えを実現させ、新たなステージ、新世界相場への道を開いてくれるものと思います。

NYが長い間硬直してた20000ドルを超えるとソロスのように「就任後は売り」とふんでショートに傾けていた大きな勢力が20000ドルを超えても抵抗はあるものの、

結局踏まされてトランプラリーの燃料になることは容易に想定できますね。

そうなれば我らが東京も「ネガティブ東京」と言われないような動きを突然演じだして月内(1月)日経20000円も無理ではないと2525は考えます。

またドル円については以下のツイートの通りです。

トランプラリーの一方通行性は皆さんご存知のはず、キリっとショートしてる皆さんも2525と一緒に意地を張ってないで新世界へ行きましょう。

2525派はいつでもウェルカムです。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.