2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

せやから少しの心配もありません

投稿日:

金曜日のNYダウは結局プラスで引けるという2525的には予想の範囲の出来事。

しかし、日経は例の黄金聖闘士が19200付近にナイトセッションもいてくれるのかと思いきや、

黄金聖闘士もプレミアムフライデーだったようでナイトセッションでは華麗にスルーされていました。

 

 

まぁあのような買いは東京時間だけの効果ということも過去に何度もありましたので、

それに関しては驚きはありません。

驚いたのは東京時間に寄り底で上げたあの上げが結果的に「演出」だったって事ですね。

あの買いが年金なのか個人投資家を舐め腐ったヘッジファンドの買い戻しによるものなのかは分かりませんが、

それを読みきれなかった所が2525的には凄く悔しいです。

今のところ、トランプの財政出動不安で債券が買われ米金利が低下しており、その影響でドル円が急落しておりますが、

2525は財政出動がなくなるわけではなく、

期待してた分が一気に禿げただけですので、ここから更にドル円がどんどん深掘りをしていくというイメージはありません。

また金曜日は金曜日に行われたトランプ大統領の講演と28日に控えてる議会演説の内容に警戒感が高まって米国株売り/債券買いの圧力が続いていますが、

これも28日の議会演説通過で何事もなかったように、米国株買い/債券売りの構図に戻ると考えています。

要するにこのトランプラリーの前ではすべての不安が短期なんですね、

イベントを通過すれば警戒感から売られていたものは戻すのがこの相場ですから

2525は現状に何の心配もしてません。

何度も言いますが、上昇トレンドの過程で下落もあれば、現在のようなレンジで停滞期もあります。

その事自体は2525のような中長期のスイングトレードスタイルでトレードするも者にとっては仕方のないことです。

ここは皆さん落ち着いて目先は28日のトランプ大統領の議会演説が通過するのを待ちましょう。

どうせ「せやから少しの心配もありません」って言いましたやん、になりますから。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.