とうとうロスカットと言う判断

投稿日:

さて、昨晩はトランプ大統領が就任式通過後、第一発目のNY市場の商いとなりました。

また、2525は昨日のNY市場がどのような形で終わるかがとても大事だとも以下の記事でもお伝えしてます。

本日は地蔵相場だがドル円の動きは監視しておきたい日

本日は上海市場、ロンドン市場、NY市場が休場ということで、 東京市場独自の力での相場となります。 ビットコインバブル崩壊から株式市場暴落は必ず起きる     さて本日はやはり北の将 ...

続きを見る

そして結果は?と言うと、皆さんお分かりの通り、昨晩のNYは急落こそなかったものの、下げて終わり、

上記のブログ記事で書いた理由により、

昨日の相場が当面のNYの市場の様子を表し、強気一辺倒の考えの修正を迫られている、そんな現状であります。

スポンサーリンク

しかし、2525がポジションしてるスイングのロングポジション、これをとうとうロスカットしたり、ドテンをするような判断をしたりするほどの決定的な展開が昨晩NY市場であったか?と言えばありません。

ちなみに2525の相場観的には、このような相場雰囲気で東京市場が2日連続でGDスタートとなった場合、高確率で謎のリバウンドが発生することが多いです。

※これはこのチャートの形がとかではなく、「このような相場雰囲気で」と言うのがポイントなので誤解のないようにお願いします。

昨日はNY市場、確かに大切な日ではあったものの、

トランプラリーと言う今までになかった値動きをする相場、これが終わる時だけ本当に皆が予想できるタイミング、また、ソロスの言ってたタイミング「就任式後から出尽くしで下げ」で終わるとは2525は思えません。

また、昨晩、NY市場の動きを観察してる中で2525的にはNY市場は「死んだふり」これをしてる気がしてなりません。

と言うことで2525なりの日経先物のロスカット基準は近づいてますが、

まだ右往左往せずにロングポジションホールドという基準は崩れておりませんので、現ポジションでNY市場の再起動を待ちます。

最後はやっぱり2525の相場観ですから。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.