未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

AIの考えてる戻りはこんなものではないと思う、2525は強気でいきます。

投稿日:


10月17日のNY市場は反落。

 

前日の大幅高の反動で利益確定売りが強まり、ダウは一時300ドル超の下落を演じました。

 

しかしその後は急速に買い戻され前日終値水準を一時回復しましたが、

 

FOMC議事要旨の公表後に再び売られて91.74ドル安(-0.36%)と反落して終了しました。

 

また、S&P500とNASDAQも共に一時1%以上下落しましたが、それぞれ0.03%安、0.04%安とほぼ変わらずで終了してます。

 

さて、まずは昨晩の動きをイメージする為にダウ、NASDAQ、日経の各チャートを確認します。

 

日経4時間足

NYダウ4時間足

NASDAQ4時間足チャート

 

 

昨晩は以下のようにTweetしてたように、個人的にはV字リバがあるパターンだと思ってましたし、そもそも2番底を探りに行く日柄もリバの値幅も足りないので、下げてもハイハイくらいに考えていたのはご存知の通り。

 

 

また、昨日22600円台の時に資金不足でスイング玉を追加出来なかったのにイライラして寝てしまいましたが、本日資金振替完了と言うことで、どこかで追加予定ではあります。

 

昨晩FOMC議事要旨を受けて米金利が高騰、誰が見てもヒヤヒヤする展開なのですが、2525の相場観的には「金利」を材料に下げると言う相場のリズム、これは一旦引っ込むのではと考えています。

 

相場って金利を気にしてる時は気にしてますが、気にしてない時は一切気にしませんし、相場は飽きやすいからいつまでも「金利ガー」では下落し続けるのは無理だと考えます。

 

だから(今は)2番底を演じる為の高台を作る為のリバウンドの時間、まだまだ上値はあると考え、強気の姿勢を崩しておりません。

 

恐らく本日23000円超えてくるでしょうし。

 

2525の相場観的には今の所、11月SQまでに最低でもここから1000円くらいの上げ、つまり23750円くらいまでのリバウンドは日柄的、値幅的にあるのではと思っています。

 

ただ、10月SQもそうでしたように、どうもAIはSQ前に大きく叩き落とす事に味をしめたような感じを受けますから、SQ前には注意したいと(今の所)考えています。

 

まぁ相場は生き物ですから、今後の動きによってどこまで戻るとか反落するかとか、見通しは変化していくものですが、今の所はと言うことで話をしてみました。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.