未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

正直言って売り買い引き分けの形、ここからは両者の運次第、君はどっち?

投稿日:


8月17日の日経平均は3日ぶり反発。

 

昨晩は米中貿易協議の再開期待からNY市場が大幅高となり、これを東京市場は好感して寄り付きから3桁の上昇。

 

しかし、週末が影響したのか様子見姿勢も強く、上値は抑えられた形。

 

後場もほとんど動意がなく、前場の高安の範囲内でのもみ合いで、ドル円も同じく小動きが続く中で引けまで静寂相場が続き、終値は78円高で大引けを迎えました。

 

さて、本日の日経は昨日から言ってましたように、米中貿易戦争の和解?ネタに反応して、ダウは仕掛け的に上げたものの、

 

日経ナイトセッションでの反応はイマイチだったので、東京時間で無慈悲な上げが出現すると考えておりましたが、

 

以下のチャートを見れば分かりますが、またまたこの青の抵抗線で押さえつけられてしまいました。

 

日経4時間足

 

この抵抗線は一昨日に日経の急落を生んだキッカケの上値抵抗線ですから、そう簡単に抜かせてくれないのでしょうが、

 

本日もダウの勢いがあっても抜けきれないとは考えておりませんでした。

 

ロング持ちだからあまり言いたくはないのですが、この形と言うか展開は非常に不味くて、長期スイングで挑んでないなら、一旦精算するかな?と言う感じです。

 

過去の経験からすると、このようにダウが堅調なのに、しつこく抵抗線で上値を叩かれる時ってのは「揉み」が足りない事が多く、

 

2525が提唱してた、金曜日、または週明けにでもレンジ上限にチャレンジと言うのはかなり難しい状況だと考えます。

 

だからと言って一昨日のような下値攻め、これは起きるなら本日東京時間にもでも起きてたはずですので、

 

それが現時点で起きてないと言うことは、このまま下のレンジ下限を抜けるにもそれなりのネタが必要だと言う、

 

上にも下にもネタ不足で振り幅は凄いものの、方向性が出ないと言う、一番難しい相場展開となっております。

 

まぁ先程も言いましたように、ポジションを精算しないといけないようなネタもまだ沸いてないし、

 

チャートの形もまだ死んでいませんので、このまま引き続きロングポジションをホールドしていきます。

 

また、ツイッターをご覧の方はお分かりでしょうが、これからがん治療に入り、時々更新が出来なくなる時もあると思いますが、

 

正気を保つ意味でもツイッターと共に続けていきますので、誰も見てないと思いますが、妄想未来人ブログをよろしくお願いします。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.