2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

2525が少し心配する日とは

更新日:

本日の日経は配当落ち日ではありましたが、配当落ち分を即日埋めるような強さでした。

配当落ち日に梯子を外される論を展開される方がおられましたが、実際は違ったようです。

2525の風を感じましたか?

Sponsored Link

さて、日経はやっと先週発生したNYダウの大幅下落時の価格帯に戻ってきて、

ここからやっと再スタートとなるわけですが、

朝のブログでも申しましたように、

今後はドル円がどれだけ伸びるか? これにかかっていると思います。

というか、2525は理由がなんであれ、ドル円の思ってもみないような上昇が日経の起爆剤になると読んでおります。

また、ここで日経の上値の重い原因であったドル円の原因について振り返ると、

ここまで毎日売られるにはざっくりと以下のような複数の理由があったと思います。

・期末要因(レパトリ)

・先週発生したNY市場の大幅下落の不安がくすぶる

・トランプ政権の政策実行能力への疑問

・「森友学園問題」でアルゴリズムやAIが「アベグジット(Abexit)」に連日過敏反応

まぁレパトリ以外はボンヤリとした原因となってしまうわけですが、

期末要因に関しては今週を通過することで影響も少なくなるわけですし、

NY市場の動揺も結局騒いだのはNY市場以外だけの事で、当のNY市場は記録的な続落記録をつけたものの

結局皆さんがご期待している暴落なんぞは何も起きませんでした。

何度も何度も言いますが、今アメリカの景気は非常に良いわけでそう簡単に暴落自体起こるわけがありません。

と言うことはドル円の上値を抑えてる原因はあと一つ、

「森友学園問題」となるわけです。

この問題で政府がかかりきりになることを見越して

この「森友学園問題」の影響で個人投資家を舐め腐ったヘッジファンドなんかは間違いなく

遊び心をもってドル円の下値にチャレンジしてたはずです。

実際、この連日に渡るドル円の下げの最中、口先介入らしきものすら何もありませんでしたから、

そら個人投資家を舐め腐ったヘッジファンドは遊び心をもってドル円の下値にチャレンジできたわけです。

後はこの問題だけということになりましたが、

政府も国会もこの問題「森友学園問題」にかかりきりになってる以上は

個人投資家を舐め腐ったヘッジファンドに遊び心をもって遊ばれても仕方のない環境ですので、

ロング派の2525としては早く解決して欲しいと切に願うところです。

ただ以前からどうしても理屈抜きで気になってる日があります。以前からこの日にNYダウやドル円がもしかしたら仕掛けられるかもしれないと2525が思ってる日

以前からこの日にNYダウやドル円がもしかしたら仕掛けられるかもしれないと2525が思ってる日です。

その日と言うのは実は本日29日か明日30日の(NY時間)事なんですが、

その理由を書くのはかなり長くなり面倒くさいので書きませんが、

とにかく2525は本日、明日とNY時間になってからの動きに警戒したいと思います。

ただ2525の相場観的には今日明日を無事に通過すれば4月は問題なく日経20000円を目指せると確信しておりますので、

何もないことを祈りつつロングポジションを持つだけです。

逆にこのような心配をよそにNY市場がまた暴騰すれば楽でいいんですが、そう簡単にはいかないでしょうからね、相場ですから。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.