2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

残念ですがロスカット報告

更新日:

昨晩のメイ首相のスピーチの相場の動き、2525の予想通りスピーチ通過で為替、日経ともにリバウンドを演じました。

しかし、20日の就任式に向けて相場を動かしてる投資主体は「もう駄目だ」の演出がまだ足りないのか、上げを全モしてしまいました。

ロンドンの動きは読めたがNYの動きを読みきれなかった、この点は残念です。

これにより、皆さんから「メイ首相のスピーチ時の底値付近でロングしましたが残念ですがロスカットしました、利益は十分あったので利益確定しておけばよかったです」との報告も多数来ております。


スポンサードリンク

まぁ損切りや利益確定は人それぞれポイントが全然違うので一概には言えませんが、

こうなったらこうするくらいの想定、相場ですから含み益が出てても全モするかも知れない(また逆にもっと伸びる場合も)、そう言ったことは常に頭に置いておいて

常にどうする?の思考は停止しないようにお願いします。

皆さんの多くは昨晩のメイ首相スピーチでのV時リバウンドの全戻しで心が折れたとDM報告されてる方が結構多いのですが

2525から見ると、すぐそこにあるNYダウの新相場突入前のしゃがみ込みと捉えていますので、何も心配しておりません。

時に相場は行き過ぎる、今はそれが起こってるだけで、トランプラリーと言う大きな上昇トレンドが休憩してるだけです。

歴史的なトランプラリーがこんな所で終わるわけがありません。

だから2525はロングポジションをまだ継続しており、「それでも日経20000円とドル円125円は超えていく」と断言します。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.