2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

週明けの日経先物への投資行動とは

投稿日:

この週末での北朝鮮動向と言えば、米朝共に互いに口撃をしただけで特に動きはなしと言った感じですが、

2525が心配してたアメリカの対中制裁のことですが、中国に「スーパー301条」適用へ調査をトランプ大統領が命令をするとの報道がありました。

 

これによってアメリカの対中制裁検討報道まで、ほぼ2525の相場観通りに動いてきた事になります。

問題はこれらを受けて本日以降どうなるか?ですが、

本日に限って言えば、先週申しましたように「東京市場だけ叩き売られる」展開を念頭に行動する必要があると考えます。

ただ、朝方から一時間ほどだけは大幅続落の翌営業日によくある「おまる」と「クジラ」の買いや日銀のETFに備えた証券自己の現物買いにより急な角度でリバウンドするかもしれません。

ただ、こう言った買いは北朝鮮動向の流れを変える事は当然できませんし、今週は北朝鮮が予告してた通りにいつヤバイ所へミサイルを撃つか分かりませんから、

リスクを分かった上で買い上げる海外の大きな投資主体もいないと思いますので、ここは単純に「噴き上げる現象が発生したら素直に戻り売りしてみる」でいいのではないでしょうか?

私は本日戻り売りはしませんが、どうしても本日やると言うのであれば、寄り付き付近の噴き上げを待ってショートしてみると言う行動を選択します。

今週は上にも下にもボラのある相場が予想されますので、まずは月曜日、各市場がどんな動きをするかをよく見て今後の2525の相場観を発信していきたいと思います。

-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.