未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

引き続き、オプションのボラが噴火するのを待つだけの相場

投稿日:


5月15日のNY株式相場は反落。

強い経済指標を受けて米金利の上昇が嫌気された形でダウは90ドル近く下落してスタートした後に一時270ドル安まで下落し、193.00ドル安(-0.78%)で終了、9日ぶりの反落となりました。

 

S&P500は0.68%安と5日ぶりに反落、ナスダックも0.81%安と反落して終了しています。

 

さて、昨日はオプションのボラが噴火する前特有の動きをしており、ボラが噴くのであれば、指数は位置や状況的に指数は下に振れるだろうと言うことでプットロングをザラ場でチョメチョメと仕込んでおりましたが、

 

NY市場は(調整の域を出ませんが)下げたものの、日経は今現在円安の流れに引っ張られてるのでなかなか思ったよう指数が落ちないので、プットも盛らず。

 

北朝鮮の動向が再び怪しくなってきましたが、そもそも北朝鮮はそうしてくるだろうと大半の日本人思っていたと思うので、これを材料にするにはちょっとキツイ。

 

昨日に引き続き、オプションのボラが噴火する前特有の動きをしてますので、日経先物の売り増しをしたいと考えていますが、現在売り増ししようにも、資金の振替が一日で終わりませんので、本日は何も出来ず。

 

まぁ、昨日一日かけてプットロングも仕込んだ事だし、本日は売り増す資金もないのは仕方のないと言うことで、本日のトレードは終日暇となります。

 

NYダウは展開的にもう一日だけ弱くなる時のパターンに入ってると思いますので、東京市場もそれを受けて本日はダラダラとするのではと考えています。

 

昨日仕込んだプットロングがニョキッと立つような展開になればいいんですが、なかなか一気にうまいこといきませんからね、マッタリと相場の状況が悪化するのを待ちます。

 

また今日はアンチの皆さんから「今日は典型的な買い場なんだよ、分からないのか?」と朝からウザい説教DMが来てますが、本当に買い場になるのか、たまに先出しすると外れる方達なので売り方の皆さんはご期待ください。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.