未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

売り方は東京市場の「忖度砲」との我慢比べに突入

投稿日:

 

さて、本日の日経は下記の昨日と今日のチャートを見て分かるように、引け間際に「忖度的」な買いが入りました。

 

 

実際の中身は「おまる」なんかの「配当再投資の買い」ってやつでしょうが、にしても「忖度」と揶揄されても後場引け間際に同じように買いを入れてくる辺り、面白いものです。

 

しかし昨日と少し違うのは、本日後場ダレた時に昨日と違って前場の安値を割り込んだって事と、忖度砲が出た時に高値を更新しなかったと言うこと。

 

チャートは似てますが、21000円と言う大台の節目だったからなのか、昨日とは何やら様子が異なりました。

 

ツイッターでも言いましたが、昨日と比べてパワーが足りないと言う感じです。

スポンサーリンク

 

本日も一応昨日と似てる同じチャートを演じた事で、今晩も(材料不明の)円安砲に火がついてNY市場を無視して上げる事を考えないといけないのですが、

 

皆さんもそう思ってると思いますが、抜けるのは無理だとか言われてたNYダウ24000ドルと言う節目が段々と重くなって24000ドル以下の滞空時間が長くなってる今、

 

NASDAQもそうですけど、このまま長い下ヒゲもなく、本当に反転なんかするのか、と言う思いは強くあります。

 

S&P500にしても「200日線をサポートに底堅い」とか言われてはいますが、もし今晩S&P500が200日線を割ってくるような展開になれば、ここ最近のAIの特徴でもある「極端」な下落を一晩で演じてくる可能性が大きいと考えています。

 

ただ、そうは言ってもそういう思いを超えて行く時、大相場になったりしますから、

 

結局この円安が何かのインサイダーだったりした上に、NY市場も下ヒゲを出すこともなく、(本格的に)リバウンドを演じてしまえば、もうスイングショートは撤退して再び様子見に入らないといけないと思います。

 

ただ、海外勢が11週連続の売り越しとなって、個人投資家は現物を大きく買い越し、先物合算でも買い越しに転じて、海外勢の買い仕込みもない現状で個人投資家が儲かるような上げ、

 

つまり、海外勢が後追いで買いを入れて相場を上昇させ、個人投資家が儲かると言う構図がやっぱりイメージしにくいです。※過去そうなった時もありましたが。

 

※そういう思いもあり、大引けで最後のショートを撃ちんでます。

 

ここはNY市場の相場の展開や雰囲気はやはり「下落トレンド」の中であり、東京市場で起きてる謎現象は一過性のものだと考えてこのままショートポジションを維持したいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.