未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

【保存版】NY市場の暴落をピンポイントで当てた男の今後の各相場予想

投稿日:


さて、本日は市場がお休みですから、

2525理論から導き出された各市場(株式、為替、仮想通貨)の今後の動きの予想を簡単にしてみたいと思います。

皆さんの中には先の予想なんかしてみ意味がないと熱いご意見を下さる(スキャルピングやデイトレ専門)方が結構いらっしゃるのですが、

普通の人はサラリーマンとして働いて日中は会社にその身を拘束されてるわけですから、

PCの前に張り付けませんし、スキャルピングを皆が出来るわけではありませんからね、スイングトレードをするつもりで皆さんもマッタリと考えて見て下さい。

 

それでは簡単に予想してみたいと思います。

まずはNYダウですが、今回は普通の調整と違い「急激な金利上昇」が引き起こした下落ですから、

過去の動きから導き出される2525理論から推察すると高値から2000ドルは調整してしまうと考えます。

ですから今回の下落の波は一服を挟みつつ、24500ドル付近まで下落するのではと考え、

また、その下落の中でもし地政学リスクやアクシデント的な事件が起こればそれにプラスして下げるイメージです。

 

次に日経ですが、NY市場の調整の波には抗えずに22000円割れ水準まで押し込まれると考え、為替次第では21000円くらいまでの幅を考えています。

ただ、基本的にアメリカ発の恐慌でも起きない限り今の相場は上昇相場に間違いないですから、

日経が上記水準を達成したり、ダウが2000ドル幅の調整を達成した時点でポジションをドテンするだろう事は今から予告しておきます。

ドテンを考える理由としては政府与党は何か「株に効く」政策を年央にかけて打ってくる気がしてならないからです。

前々からオリンピックの2年前くらいに何かデッカイ材料を出すのではと考えておりましたので、

今年に限っては黒田バズーカ並の何か材料があると考えて、想定してる下落を演じたならショートは手仕舞ってロングに切り替えるべきだと考えます。

 

また次に為替市場と言うかドル円ですが、これがちょっと最近動きがよく分からないと言うか

個人を舐め腐ったヘッジファンドは日銀が何も出来ないと言うことでニヤニヤしながら確信を持って売ってきてたはずなのに、どうも動きがおかしい。

米金利が上昇傾向だからと言う話ではなく、どうも何か(政府の政策)を警戒し始めているようなそんな気がします。

それは先程の年央にかけての日経の上昇の話とリンクするのですが、

どうも今の相場展開だと上下しながら年央の株高に合わせて120円方面へ行ってしまうような気がしてなりません。

ですから来週、円高基調の回帰の動きを見せないのであればドル円のショートは手仕舞うかも知れません。

ちょっとドル円の動きには売り方は警戒すべき相場展開になってると考えます。

 

そして最後に仮想通貨と言うかBTCの事になりますが、結局まだ下落は上下を挟んで続くと思いますが、

下げても1BTCあたりの今のマイニング費用を考えたら底値は40万円~50万円くらいだと思っています。

ですから60万円くらいにきた段階で手持ちのBTCショートを利益確定して徐々にドテンしていく、そんなイメージで今の所います。

ただ仮想通貨はネタ次第でいくらでも上げ下げしますからね、0円になっても泣かない資金で張っていかないといけません。

使ってはいけないお金に手を出す方が結構いらっしゃるので、そこはご自身の為、家族の為にも本当に自制して下さいね、2525との約束です。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.