2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

【悲報】春なのにロングはお別れでしょうか?

投稿日:

昨晩のNYは理由なき下げで-237ドル、皆さんから今来てるDMには大暴落と書いてありますが、

大幅下落と言った所でしょうか。

二度ある事は三度ありました

 

 

昨晩の下げは恐らくは減税法案の議会通過の遅れなどが懸念されての事なんでしょうが、

昨晩のNY市場のゆっくりとした落ち方、2525にはいわゆるトランプラリーの終焉にやってくる大暴落には全く見えません。

そもそも最近は日米共にオプションのボラが不発なのでこの程度で済んでるのか?

ボラが生きていればもっと下げてたのか?

そんな事をずっと考えますが、どうも市場から下落に対する本気度が2525には感じられません。

小さい地蔵レンジから少し飛び出しただけで、

結局大きなレンジの中にまだまだ滞在すると2525は思います。

要するにドル円も日経もこの辺りが丁度大きなレンジの下限と言うことになります。

2525のイメージするトランプラリーの終わり方はこんな感じではありません、

物凄く簡単に言えば、もっと上昇して皆が浮かれてる中、

そんな中に発生するわけで、

現在のような誰もが疑心暗鬼でNYのクラッシュが怖いと感じてる時に本物の大暴落がくるほど相場は甘くないと思います。

ここでNYが下げたらそのまんまですからね。

2525ももっと自由になる資金があればここで押し目買いを入れたい所ですが、

余裕資金がありませんので、押し目買いはいたしません。

春なのにロングにお別れをするほど決定的な事が起きたわけではありません、

ここは右往左往せずに(東京時間か欧米時間で)鬼の戻しが発生するパターンだと考え、

2525の相場観に従い、じっくりと相場を見ていようと思います。

結局また最後は2525WINですから。

-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.