未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

さぁ、狂ったパーティーに裁きの時は来た。セイジャスティス!

投稿日:


 

本日11月9日の日経平均は続落、前場は日経先物が壊れたのかと思うような一本調子の上昇を演じて節目である23000円を軽々と上回り、いかにも踏み上げ的な動きで上げ幅を400円超に広げた。

しかしお昼休みに入ると久しぶりにポキッと折れたような「お昼の謎下げ」が来たかと思うと急速に値を崩し、一気にマイナス圏にまで沈む展開、ポキッと折れた地合い急変から下げが加速し、一時400円近くも下げる場面を演じたようです。

しかし、その後まだ上昇相場の余韻が残ってるのか、値をグングンと戻し、終盤にかけてはプラス圏に戻すかというところまで下げ幅を縮めたが、売り直されて下落で終えたようです。

 

さて、本日は2525が待ちに待ってたこの相場の天井である「ポキッ」と言う現象が出ました。

そもそもこのポキッはNY市場で先に起こって、その余波が東京市場に波及すると考えていたのですが、

日経先物が仕手株のように上がるので、先に東京市場でポキッと音が聞こえて折れた形となりました。

売り方の希望としては、この異変が欧州とNY市場で続く事を祈るばかりですが、今のところ変化はなく、欧州市場はダラダラとした展開のようです。

明日はSQですが、本日の展開を見ていると、twitterでも以下のように言いましたように、

午前中は誰もが思ってた23000円以上のSQが決まらなかった所から、来週の本格的なジャスティス相場へ向けての展開が始まると考えています。

ただ、2525の相場観的には本日のような展開の大引けでは絶対に売り増しをかけないといけないわけですが、資金がないので売り増しが出来ていません。

新たな資金調達でも出来ない限り現ポジションでのホールド勝負となりますが、来月のMSQに向けて頑張りたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2019 All Rights Reserved.