未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

奴らは去った、そして迫りくるベアに2525はプットロングをパンパンにした

投稿日:


本日の日経は前日のNYの市場の堅調、特にダウが+167ドルだった事で寄り付きから買いが入りましたが、

寄り天気味に推移して後場中盤から大きな売りが入り、リバウンドするも前日比プラスには戻れず連投記録がとうとう止まりました。

 

さて、2525が言ってた以下のような「14時過ぎの謎買い」がとうとう止まりました。

昨日の展開を見てもそうなのですが、上げの展開の裏には大きな下げが待ってるような動きを常にしてますので、

やはり「今週日米の市場に劇的な変化が起きる」と言う読みを崩さないと言う方針を貫く事にしました。

また、この相場の特徴は14時過ぎからの謎買い(海外投資家とか言われてますが)が主役のような所もありますが、

このようにパターン的に買われて上げてる時は、この14時過ぎの買いが急に止まり、

14時過ぎからズルズルと下げ始めて結局そのまま終わった時、それが日経の強烈な連騰相場の終わりだと思いますし、

それなりに値幅調整を開始するゴングだと考えています。

 

ここまでの日経の急騰はこの上げが演出して、終始謎の買い圧力があった事も起因してて、

売り方に取って、まずはこの現象が消え去る事をずっとお祈りモードだったと思いますから、まずはよしと言う感じでしょう。

 

Twitterでは上記のように呟いてましたが、本日は下げた事が大事なのではなく、無慈悲に続いていた14時過ぎの買いが止まった、

これが今日のポイントであり、相場の転換点を計るのであれば見逃せない現象だと思います。

 

 

確かにただの一服、休憩の可能性も非常に大きいのですが、ここまで狂ったようにあった14時過ぎの買い、

ああいうものが消えた後と言うのは、2525の相場観的には短期的に非常にネガティブですから、意外安に気をつけて頂きたいと思います。

今までアゲアゲできたから、体感的に切り替えが出来ない方も多くいると思いますが、

あの狂った買い圧力が少なくとも短期的に買いを外して来てますから、その変化を見逃す事なく、

買いポジションに対するヘッジはちゃんとした上で持ち越して欲しいと思います。

また昨晩のNY市場は朝も言いましたように、バイイングクライマックスだと考えていますから、

早ければ今晩からでも何かのキッカケで大きく反落する可能性が高いと考えていますから、

今週は日米同時天井濃厚WEEKと言うことでプットロングをパンパンにして監視を怠らないようにお願いしたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.