未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

政府株放出のタイミングでいつも現れる不思議な買い

投稿日:


本日後場の東京市場は流石に垂れるかと思いきや、

後場途中からまたジリジリと買いが入り結局本日の高値付近で大引けを迎えました。

 

さて、本日も東京市場では上昇が続いています。

北朝鮮リスクが後退したから「買い戻し」をしてると言うのは分かるのですが、

それにしてもここまでガッチリと下値を支えられての上昇となるとTwitterでも言いましたように

以下のような事を思わず勘ぐりたくなります。

毎度の事ながら政府株放出のタイミングで相場が妙に強くなる現象、偶然と思えるほど2525は純粋ではありません。

まぁ何か忖度があるのでしょうが、郵政株放出の支えを結構舐めていましたので、反省材料として次回に活かしたいと思います。

さて、東京市場はどうやら特殊事情があり、下げるにも下げないようなので、ここはNY市場の動向に期待したい所ですが、

今朝から言ってますように、昨晩あれだけ上がっのにも関わらず、「踏み上げ」を狙ってるならば

今晩も材料は特に何もないのに爆騰(もすくは大幅高)してくると考えます。

2525の相場観的には現在ポジションがないのであれば、今晩もしNYの市場に爆騰(もすくは大幅高)が出現すれば、

新規ショートスイングを打ち込むまさにチャンスの上げになると考えています。

ただアゲアゲからの途中でポキッと逝く「バーナンキショック」のパターンもありますから、

今晩からは特にNYの市場の動向には気をつけたい所です。

アゲアゲしてて途中で本当に音が出るくらいポキッと折れる感じで折れる時がありますから、

それが出現しないか、時間のある方は監視するのが大事だと考えます。

2525は今晩NY市場が上げて、それでも明日以降下がる気配が全くないのであれば全ショートポジションを精算して

一旦様子見に入りたいと考えます。

とは言ってもロングがどうしても出来ないので、引き続き戻り売り戦法だけになってしまいますが。

と言うことで、郵政株の売り出しで妙に強い相場になってしまいましたが、

毎度の事ながらいつまでも続く現象ではありませんし、落ち着いて戻り売りのターンを待ちたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.