2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

日経独自の上昇要因のない今、ショートしかない、さぁ君も

投稿日:

NY市場はダウが5日連続で史上最高値を更新したものの、NASDAQは3日続落の-0.42%となり、

特にNASDAQは高値で寄り付いてからの急落がありましたので今後の展開に心配を残す形となっています。

売り方、買い方それぞれの我慢大会、ポロリあり

 

 

最近、東京市場がとか、NYで市場がどうかとか言う前に、トランプ大統領も最近何人も解任解任を行って、段々とアメリカの政情不安が加速して来てるような気がしませんか?

今の所、その影響は株式市場には出ていませんが、為替市場や債券市場には徐々に影響が出ていると思います。

特にドル円は北朝鮮動向を受けてのしつこい下方トレンドが発生してますので、分かりにくいですが、

今のドル円のトレンドは「アメリカの政情不安」+「北朝鮮動向」がミックスした結果だと2525は考えています。

このドル円のトレンドの雰囲気は今年3月に起こったあのしつこいドル円の下降トレンドと似ていて、

やはり北朝鮮動向を気にして、このような動き、展開になっていると考えます。

こうなってくると、NY市場がトンデモないような上げ方をしないと上げませんし、

2525が警戒している経済対策でも飛び出さない限り、日経の独自要因で上げると言うのもほぼ無理だと考えます。

と言うことはNYダウは5日続伸の今、いつ小規模でも調整を開始するか分からない為、

トレードとしてはそもそも上値の日経はショートポジションに振っていた方が確率的に一発の可能性もあり、

楽しめるのではないかと考えます。

ロングを持っていると「下値固めをしてる」と思うかも知れませんが、2525の相場観の考える「下値固めをしてる」形とは少し展開が違って、

地蔵相場かと思ったら東京市場、およびアジア市場から突然崩れだして欧米に波及するパターンの調整が起きそうな気配を強く感じます。

ですから、この「下値固めをしてる」ような動きにイライラせずに、ショートポジションをホールドしながら天井を掴めてたらいいなぁくらいでマッタリとトレードしていきます。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.