2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

ドル円急落でも底堅い日経が意味するもの

投稿日:

本日は2525が昨晩予告したように200日線を下から突き抜ける演出がありました。

多くの方がもう日経は大規模調整待ったなしとの昨晩の暗い雰囲気の中、以下のような相場観。

ここ最近の日経は「SQ値はもう大体決まってるから」とでも言いたげな感じで、何があっても決められた方角に(今回のSQは上)都合のいいことだけ反応するようになっており、

この現象の前には一般的なテクニカルが通用しないので、2525のような相場メンタリストでないとなかなか分かりづらいと思います。

要するに「日経を動かしてる投資主体」が上げたいから上げを維持してる、それだけです

さて、ここからの日経ですが、現段階では「SQまで理屈抜きに吊り上げたまま」と言うことしか2525には分かりません(イメージが湧きません)。

だからSQで手持ちの日経先物を精算した後に遅れた夏休みに入るわけですが、

というか、どうも日銀決定会合やFOMCまでイベントがないとか余裕をかましてたら、何か中国発で何か起きそうな気がしてなりません。

(例えば人民元の切り下げとか)単なる勘ですが。

ですから、日銀金融政策決定会合まで、FOMCまで何もないと余裕をかますのはちょっとやめておいた方がいいかも知れません。

またドル円の事ですが、2525はFOMCで利上げがあると思っています。

直近の指標は弱いですが、今までの米指標の流れを考えれば、利上げを実行しない理由にはならないと思うんです。

雇用統計も確かに少し弱いですが、利上げを見送るほどの数字でもありませんし、

これで利上げしないなら、今後どんな指標内容なら利上げをするのかと言う基準を見失うと思います。

そこの所の見解ははビルグロースと全く同じです。

また9月には利上げはなくても今年中、つまり12月、後3ヶ月後には利上げの体制に高確率で入るわけで、そう言った事を考えればドル円はそう言った事を織り込む為に、

ここから底堅く、そして突然上昇して、「昨日今日の下落は一体なんやったんや」と思うような突然の昇り龍出現も近いと思います。

と言うことで、ドル円はレバ低く、下がれば買い下がって中長期でロングをホールドするイメージでおります。※短期的な上下は分かりません

ということで、SQに向けて各自マッタリロングで過ごしましょう。

セイジャスティス。

-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.