2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

二度ある事は三度ありました

投稿日:

本日の日経は寄り付き付近こそまた「いかにも」ここから下げますよ的な雰囲気だったものの、

以下のブログで書いたように、先週に引き続いての現象が見られてリバウンドをしました。

先週に引き続きの現象が出るか?

 

 

繰り返しになりますが、本日の寄り付き弱く、後はリバウンドと言う展開は、

先週の月曜日と金曜日と同じ「いかにも」な雰囲気で先週から数えて3回目です。

特に本日の「いかにも」下げます的な寄り前の雰囲気から、

個人投資家を舐め腐ったヘッジファンドを中心に、

そのまま下を掘ってチャレンジする的な動きがあっても良さそうなものですが、

先週の月曜日と金曜日の「いかにも」の雰囲気の時と同じように、

本日も何故か下を掘りませんでした。

結局、3度目の正直で下値を掘らず、二度ある事は三度あるということで下値をトライしないこの展開、

朝のブログにも書きましたが、先週の月曜日と金曜日と同じで「寄り付き付近だけ弱くて、前場にリバ」をされると、

下値の固さにトドメを刺す感じになったと2525は感じます。

そう感じませんか?

本日の展開なんか、ロング派の2525の考えでさえドル円の上値も重いし、一旦下値をトライしても仕方ないなと思わせる展開だったのに、

やっぱり寄り付きから下値をお試し程度に触っただけで、

なんかこう、本気で下値にトライをしていこうとする意思を全く感じる事ができませんでした。

去年まででしたら、このような展開は下値をほぼ試しに行ってたのに、

先週から数えて3回も下値トライを拒否しています。

ということは、やはり個人投資家を舐め腐ったヘッジファンドも上値はまだまだあると考えていますし、

どうせ上に上がるのだから下値に本気になってもねぇ・・・という感触を2525は受けます。

この辺りは毎日念仏のように暴落だのなんだのとDMを送って来られる方とは正反対の感触なのですが、

地蔵相場ではあるものの、ここから下降トレンドになるような展開はこの先はまだ待ってないと2525は断言致します。

ここはマッタリと地蔵プレイに負けず、ロングポジションをホールドするのみだと思いますので、

みなさんも焦らずにショート脳にならないようにお願いします。

 



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.