2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

断言します底を打ちました

更新日:

NYが連日堅調なのに日経には売り本尊でもいるかのような執拗な売りが湧いてますが、

2525の基本的な考え方は昨日ブログ記事に書いてます。

 

 

昨晩のナイトセッションもなんでこんな簡単に売られるの?って感じで簡単に売られましたが、19160円で反転しました。

また、昨晩日経先物のレンジを下抜けた時点からレンジを抜けた辺りからまた例のごと叱責系DMやもう駄目だ系DMが来てるのですが、皆さん本当にヘッジファンド等が重要な相場の節目でよくやる「焦らし」に弱いです。

以下のようにツイッターでもその気持ちを呟いてます。

 

2525は19160円で一旦反転する前の雰囲気や売られ方を見てたのですが、

これは例の「個人を舐め腐ったヘッジファンド」のニヤニヤを感じました。

それも相当強くです。

2525がこのニヤつきを相場で感じた時は高確率でそこが底だったと言うことが多いわけです。

そしていつも2525がいつも言うことなのですが、昨晩もっと掘れたはずです。

しかしもっと掘れたはずなのに昨晩掘らなかった、ここに個人を舐め腐ってるヘッジファンドの思惑が強く現れていると2525は感じています。

そして2525は確信しました、来週のNYが連休で本日は手仕舞いムードで相場見通しは暗い中、

日経は昨晩の19160円水準で底を打ち、反転の兆しが本日現れるということを。

あわよくば、本日皆さんが来週のNYが連休で休場と言うことで手仕舞い気分の中、急に反転して2525が待ってる例の「爆発高」を望んでしまいますが、ここは反転の兆し程度を待つ程度でしておきます。

くどいですが、もう一度言います。

昨晩もっと掘れたのに下値の掘削が甘かった、こんな時は売り仕掛けてるヘッジファンドがニヤニヤしながら個人のロスカットや下値調教をしてる時が多く、また反転のサインでもあります。

ここは落ち着いてヘッジファンドの下値調教に洗脳されないように頑張りましょう。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.