2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

高値不安演出に騙されるな

更新日:

昨日の日経は寄り付き天井だった事から、「これ以上日経が上がるわけない」「チャートを見れないのか? 」「何が相場の千眼だふざけるな」「絶好の戻り売りの場面で何勝利宣言してるの?」などなど、

昨日のブログ記事を見てから心温かい感想DMを送ってこられた方が少なくありません

 

 

まぁ、昨日の寄り付き天井からの個人を舐め腐ったヘッジファンド提供の「高値圏演出」を見られて少し弱気になってしまう気持ちも分からなくはありませんが、

本日またゾンビのようにまた19500に戻ってきたのを見て、相場のサイン、相場のリズムを感じないといけないと思います。

昨日、寄り付き天井から何度も日経だけでも刺さるような下落を演じてもよかったのですが、それをしませんでした。

NY市場に比べて確かに日経は上値が重いのですが、2525の相場観的には、これも演出のひとつに過ぎないのです。

NY市場でトランプラリーが継続してる以上、日経だけ特殊なネガティブ要因でもない限り、ジリジリと20000円に迫ってきますし、その20000円への接近のキッカケを作るようなドル円の上昇も本日を含め2,3日以内にあるのではないかと考えています。

NYダウを見てください、あれだけ重い重いと言われてた20000ドル、皆が滞空時間が短いからと言って売りを入れてた20000ドル水準、今では20400ドル水準です。

要するにNYダウはあきらかに何度も言いますように「新世界相場」に入ってますし、

日経も後追いをして20000円を超えればNYダウと同じように「新世界相場」のスイッチが入り、更に相場が伸びる可能性が非常に大きいのです。

今はその新世界相場である20000円台への準備期間、日経19000円の時に何度もあったた「下値不安演出」と同じと考えて下さい。

さんざん皆さんに19500から上は重いとか通信社を利用してまだ皆さんを再び洗脳してから突然ドル円に火柱が上がり、一気に日経20000円に接近する様子が2525には容易に想像できます。

未だに19500の高値不安演出が続いてますが、過去から何度も繰り返されてきた相場のリズムを考えると何の問題もない動きですので、ここは落ち着いて「まーた例のヘッジファンドが洗脳しよるな」くらいの気持ちの余裕をもってマッタリと日経先物のロングをホールドして行きましょう。

本当に何で皆さんそんなに懐疑的なのか不思議になりますが、相場の格言通り、

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観と共に成熟し、幸福感の中で消えていく」で、

現在の相場は懐疑の中で育ってる最中なので仕方ないかも知れないですね。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.