2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

孔子の倒れとセイ!ジャスティス、フェニックス!

更新日:

先週末から日米首脳会談の前に個人投資家をなめ腐ったヘッジファンドによる買戻しが突然起こるとして、

2525がさんざん、しつこく断言予言していた8日と9日が終わりました。

参考記事は以下になりますが、結果は皆さんご存知の通り、何も起こらずです。

まさに「孔子の倒れ」ってヤツです。

 

 

明日10日(金)に日米首脳会談が行われますが、

皆さんご存知の通り、実際に会談があるのは日本時間の深夜になりますので、

2525の指摘してる会談直前の2日間にあるであろうリバとは9日(木)と10日(金)と設定してもよかったのですが、

今回のケースは週末にSQがあるので、それを考えた場合リバウンドの日程は8日(水)か9日(木)と断言していました。

こういう細かい所もイメージして相場観を組み立てているのですが、今回はハズレということでお怒りの皆さんも多いと思いますが、

相場に100%はありませんので、優しい目で見守って頂くと2525はありがたいです。

ただ以下の考え、

1,来週には何故か急にリスクオン相場に変化、円高がどうのと煽ってた通信社が何故か沈黙する

2、日米首脳会談前に19100~19200、この水準にいるのではないか」

この考えはまだ強烈にイメージしております。

またツイッターでも呟きましたが、

本日起きたこの現象、2525の相場観の中では結構上位に位置する鉄板相場観になってますので、

さんざん皆さんから否定されてる「日米首脳会談前に19100~19200、この水準にいるのではないか」という相場観はまだ諦めず、

己の相場観、2525の相場観を信じてフェニックスを待つこととします、最後はやっぱり2525WINですからね。

そう、セイ!ジャスティス、フェニックス!

-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.