未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

ドテン後にベアと一緒に走る準備はいいか?

投稿日:


12月13日の日経平均は大幅続伸となりました。

 

寄り付き付近は前日のNY市場が不気味な動きをしていたからなのか、方向感のない弱い展開を演じていましたが、次第に堅調となり、その後も強い基調が継続しました。

 

前引けにかけて上げ幅を200円超に広げたものの、後場は動意には乏しく、高値での地蔵相場となりました。

 

後場寄り直後にきょうの高値をつけて、やや怖い動きをしたものの、地蔵相場の中でも21800円は下回らず、狭いレンジでのもみ合いで終始しました。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3900億円。

 

 

 

さて、明日は今年最後のMSQと言うことで、普段とは違った雰囲気の相場展開となりました。

 

2525自身はNOTE『2525派に伝えたい《12/10-12/14》の相場観』に朝追記してたような理由で朝からロングを全て利益確定し、ドテンショートしたわけですが、

 

今の所、ドテンするにしてもタイミングは少し早かったかなと言う感じですが、神ではないので完璧なタイミングを毎回出来るわけでもないので、仕方ありません。

 

日経日足チャート

 

日経は結局-2σから下を攻めきれず、リバウンドしてきて、25日線で一旦抑えられた形で、

 

場中の勢いだったり、本日も順ザヤの引けだったと言う事実考慮すると、まだロングでもいいかなとも思ったりしますが、

 

やはり何度も言ってますように、ソフトバンク上場の支えてる勢力を始め、ここは色んな思惑の「支え隊」が、

 

12月19日、つまりソフトバンクの上場やFOMCと言ったBIGイベント前にこのまま上昇を続けるってのはちょっと考えにくいと言うか、

 

上げるにしてもMSQ通過までではないか?と勘ぐってしまいます。

 

NASDAQ日足チャート

 

特に上記チャートのNASDAQ、相場のリズム的に昨晩一気にチャネルラインの上限や25日線を抜けて行っても良さそうなものなのに、結局上髭をつけて失速。

 

位置的にもっと激しくリバウンドしても良さそうなものですが、こんな位置で戻りきれずに上髭を出してきました。

 

この展開を見てると、どうも臭うんですよね。。。「これ、超えるなら昨日抜けてない?」と

 

やはり何度も言いますように、ソフトバンクの上場やFOMCを12月19日に控え、MSQ要因で上に上げても結局これらの影響で

 

19日の前日、つまり18日から雰囲気がおかしくなってくるのではと考えてしまいます。

 

そう考えると、本日はNY市場が上下上下上下上下上下上と言うリズムを刻んできてる中で、本日は「下」の順番の日でもありますし、

 

今は高くても後でNY市場の下落に巻き込まれ出すのではないか、そう考えています。

 

2525は基本的にFOMCで利上げが行われた場合、その後の利上げに慎重姿勢を示そうが示さまいが、直近の「安値」を見に行くと思いますので、

 

19日FRBが利上げをしないと言う選択をしない限り、また相場は無慈悲に下値の確認をするのではと考えてトレードしてます。

 

ですから、少し気が早いですが、日経もいい所までリバウンドをしてきてますから、ドテンショート、

 

上がってもMSQ通過後、それでも駄目な場合、来週にはイベントを前に急に軟調になると考え、マッタリとスイングトレードをしたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2019 All Rights Reserved.