未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

日経を動かすAIの癖から日経の動きを探る

投稿日:


昨晩のNY市場は休場の影響でナイトセッションはジリ上げ地蔵相場となりました。

 

日中は以下のように言いましたように、

 

日経ジャッジメントタイム」中に安値に行こうと思えば、状況・雰囲気的に可能だったのに行かずに結局反転して、いつもの22780円に戻ってきてる感じです。

 

 

このような事があったと言うことは2525の相場観ではAIが掘る気がない時に起きる現象だと考えますし、

 

下のチャートを見てもそうですが、23000円を暴力的に超えた後、反落する過程で緑の範囲にあるトレンドラインに触りにもいきません。

 

 

日経1時間足チャート

日経4時間足チャート

 

日経日足チャート

 

 

ここ最近走ってるAIは、とにかくこのトレンドラインが大好きで触れにくるのに来ません。

 

これは日中の日経ジャッジメントタイムでの反転同様、AIは掘る気がないと2525の相場観では考えます。

 

また、前3回の23000円超えアタックの時には見られなかった「22760円~22780円」への異常は執着が見られますし、

 

前3回と「23000円を抜けようとしてる」所は似てますが、その内容がかなり異なりますので、

 

現段階でなかなか23000円に定着出来ないものの、結局23000円を超えていくと2525は考えています。

 

正直、下値不安を感じさせる雰囲気やニュース、出来事は沢山あるわけですが、

 

このAI相場はそういった「危機」の逆を上っていく『危機の崖登り』を演じるのが得意ですから、そういった下値不安でショートをしても、ほぼ報われません。

 

明確な何か決定的な出来事がないと駄目なんですよね。

 

ですから、2525も今、正直言って不安ではありますが、覚悟を決めてロングをホールドしてる、そんな状況であります。

 

本日も材料不足ではありますが、そんなこれらの理由から下値は探らないとみて、マッタリと日本行きの準備を引き続き行います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.