未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

売り方苦しい状況ですが、まだ売りの目は消えておらず

投稿日:


7月12日のNY市場は反発。

 

NASDAQが1.39%高と大幅反発し、6月20日以来、15営業日ぶりに史上最高値を更新。

 

ダウは224.44ドル高(+0.91%)と反発、S&P500は0.87%高で終了して主要3指数そろっての反発となっています。

 

さて、結局NASDAQの「新高値」か「暴落前夜」と言うチャートは「新高値」と言う結果に終わりました。

 

先の急落後の出来事なので、新高値に上がってきても日足ボリバン+2σにも届かないと言う何とも売り方泣かせの展開。

 

中国側から何のアクションもなく、まさに下落材料の中で上昇しており、トランプ相場何度目かの「危機の崖登り」となります。

 

ただ、ドル円は+3σで目一杯の形、ダウは先日の高値を抜けずの環境で、本日日経はSQ。

 

日経のチャートを見ると、戻り高値待ちのチャートとなっており、4時間足で見てみると買い転換となり、

 

ダブルトップの戻り高値22750円にチャレンジのチャートとなりました。

 

しかし、日経のここまでの「上げ方」を見るとやはり「吊り上げ感」は否めません、ドル円も113円付近で流石にと言う感じですし。

 

NASDAQは確変に入ってるものの、ダウは??と言う感じで、どうも煮えきらずと言った雰囲気ですから、

 

2525としては最低でもこの3連休前の「吊り上げSQ」後にどう動くか?を見て既存のポジションをどうするかの判断をしたいと思います。

 

また、中国側からのアクションって先日も言いましたように、2525が想定してるのは、今週末、つまり「13日の金曜日」から週明けにかけてだと思いますので、まだまだ売りの目は捨てておりません。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.