未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

それでも日経は5月11日迄に天井をつける~ガリレオ2525

投稿日:


5月1日のNY市場は高安まちまち。

 

ダウは小幅に下落して始まると、ファイザー、マクドナルド、ボーイング等が大幅に下落した事で一時354.96ドル安まで下値を広げました。

 

引け後に決算を発表するアップルが2.32%高となったように、IT関連株は総じて堅調で、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1.73%高と3日ぶりに反発。

 

また、注目されていた引け後のアップルの決算は好調で自社株買いの発表もあり、時間外で一時4%上昇となりました。

 

さて、昨晩のダウは恒例のイベント前(昨晩は注目のアップル決算)の深掘りからの長い下ヒゲ出現。

 

またこれかと言う感じで、ダウは依然としてレンジの中にいます。

 

しかし我らが日経は昨晩のダウの下げの途中でも殆ど反応せず、上げだけに敏感モードだし、追い打ちをかけるようにドル円も110円手前でスタンバイ。

 

またここ最近のダウは昨晩のような長い下ヒゲ出現の翌営業日はほぼ上げていますから、今晩のNY市場の下げはほぼ期待できないと言う売り方「四面楚歌」状態です。

 

ただ、昨日のブログ記事「断言する日経は5月11日までに天井をつける」でも言いましたように、来週末までには日経は天井をつけると思いますので、

 

その前に恒例の売り方を踏み上げて掃除してから個人を舐め腐ったヘッジファンドが個人投資家にイタズラをしてくるのか、注目の場面です。

 

と言うことで、再び連休前の本日、東京市場がどんな動きをするかで自身のポジションをどうするか決定したいと思いますので、結局どうするのか、大引け前にでもご報告したいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.