未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

まもなく大きな下げがやってくる、がしかし、その前に売り方が焼却されるだろう

投稿日:


18日のNY株式相場は高安まちまち、

 

好決算を受けて主要3指数が上昇してスタートしたものの、その後は狭いレンジで終始揉み合いとなりました。

 

S&P500とナスダックはそれぞれ0.08%高、0.19%高と小幅に上昇して終了し、3日続伸となったが、ダウ平均は38.56ドル安(-0.16%)と3日ぶりに反落となり様子見の展開となっています。

 

さて、本日の日経は昨日と同様に前場から堅調でアゲアゲの展開、昨晩NY市場が開場する前までは「相場の転換点」を迎えたと言うことで、ドテン買いをしようと画策してましたが、昨晩のNY市場の展開や他の市場の展開を見て思い直しました。

 

それは昨晩のNY市場の展開や他の市場の展開を見て、買い転換は短期のことだと考えたからです。

 

昨日のブログでも下記のように言いましたが、一昨日のダウは重要な所を「抜けた」ましたが、その抜け方がどうも信用なりません。

このまま上方へ転換するかと言った所ですが、この相場の天井と1回目の戻り天井を結ぶトレンドラインを引くと(一応)「抜けた」ことになるが、

ここ最近のAI相場を考えると信頼性はありません。

昨日のNY市場やアメリカの投資家のツイッターを見てると「抜けたから買った」と言って上昇した部分もかなり大きいと思うからです。

 

これまでのAI相場のパターン的に昨晩のダウはもっと勢いよく上昇して、「抜けた」感を演出してこないといけないわけですが、それもなく、日足で重要な節目付近でウロウロ。

 

この現象はここ最近のAI相場のパターンではもっとも危険な形で、大きな反落の前に出現しやすい形なんです。

 

そんなNY市場、一言で言えば「不気味」に尽きます、にも関わらず日経225は「相場の転換点」を思わせるような爆騰中。

 

そもそも先日まで話題になってた貿易戦争やシリア問題は何一つ解決してない不安要素の中の爆騰です。

 

その他、この相場の見逃せない点としては、

  • 欧米や日本の銀行株が軒並み下げている(イールドカーブフラット化による収益の悪化だけではないと思う)
  • (不景気を告げる使者とされる)イールドカーブがますますフラット化してる
  • そもそも日米共に上昇理由がない上昇を演じてること
  • 日経225先物はダウとドル円に連動しない爆騰を演じてること
  • これまでの日本株上昇過程でよく聞いてた「(海外勢による)日本株買い」を聞かない、むしろ日本株を外す動きを継続してる

 

などが挙げられ、これらの現象を新時代の相場とか相場が一皮むけたとか言う事も出来ますが、2525には急落というか、激落が待ってるとしか思えません。 

 

ここまでダウ無視の日経の上昇は黒田バズーカ以来の出来事かと思いますが、当時は円安と言った武器がありましたが、今回はそれがありません。

 

どうもおかしい。

 

また、以下のようにツイッターでもいいましたが、とにかく大きな下げの到来の前に「売り」を狩ろうとしてる動きにも見えます。

 

 

大人の間でもダウについて、新高値派暴落派真っ二つに割れてるようで、ですが、2525はここで再び「相場の宴は終わりに近い」とする暴落派に戻っています。

 

個人的ショートポジションはロスカットによりかなり減ってしまいましたが、上記ツイッターでの読みの通り、日経が(仕掛けで)新高値を取ってきても落下しない場合は、読みが完全に外れたと言うことで、総撤退となります。

 

また、ここで再び日経先物ショートを積み増す資金はありませんが、今朝ツイートしたようにプットロングは前場の上げの中仕込み終えました。

 

 

2525は再びNYが暴落を演じると思っています、それまでに日経ショートが狩られるか、それともギリギリ引っかかるかの戦いをやってみます。

 

(追記)ドル円107.45Sもしました。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.