未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

何故かパウエルFRB議長に関しては鼻息の荒いヘッジファンドの熊達

投稿日:


2月27日の日経平均は大幅に3日続伸、

NY市場の連日の大幅高を受けて大きく水準を切り上げて始まり、

前場では22500円台に乗せる場面もあったが、

後場に伸び悩み、22500円台には乗せられずに25日線も下回って大引けを迎えています。

 

さて、日経は後場は大きく崩れたわけではありませんが、

大型株は後場もそれなりに強い動きが続いていただけに、買い方は少し拍子抜けしたと思います。

まぁ今晩控えてるイベントがイベントだけに、仕方がないと言えば仕方がないと言った所でしょうか。

2525の相場観的にはここまでNY市場は急伸してきたわけですから、今晩は急伸した後に上髭を作って失速をするのではと考えています。

個人投資家を舐め腐ったヘッジファンド達が議会証言中か終了後に米金利3%接近を演出してくるかも知れませんし、

どうもイエレン議長の時とは違ってヘッジファンドの鼻息が何やらハァハァと荒いので、そう感じてしまします。

ただ、本日ハイテク株が強かった事から円安基調になるのかなと、売り方的には悲観モード的な考えも浮かんできますが、

先程言いましたように、何故かパウエルFRB議長に関しては鼻息の荒いヘッジファンド達がこのまま買い続けてみんなハッピーみたいな状況を作るとは思えません。

今晩急伸後に上髭を残してNY市場が失速したら今後の展開的に(月初の買いと言う例のアレが控えてますが)結構チャンスと思われますので、

まずは今晩のイベント通過でどうなるのか、正座をして見守りたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.