2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

怒れる世紀末ベアの出現までもう少しの辛抱

投稿日:

11月14日の日経平均は5日続落、

序盤は売り先行となり荒い値動きとなったが、徐々に買いが優勢となり、上げ幅を3桁に広げる場面もありました。

前場はプラスで終えたて後場もしばらくは落ち着いた動きが続いていましたが、

14時過ぎからまた謎の売りが沸いてきて、引け間際にはマイナス転換となり大引けを迎えました。

 

さて、本日も木曜日日中の激下げの影響をまだ受けているのか、値動きが凄く荒い展開が続いています。

昨晩の強引なリバウンドから本日は正直言ってもっと上がる無慈悲な展開も予想していましたが、

結果的に14時からしっかり売りは降ってきますし、明らかに一連のアゲアゲモードの時とは異なった展開のままです。

朝も言いましたようにプットのボラが昨晩異常に低くなったので、ここまで上げてきた過程でもそうだったように、もっと上げるかとお思いきや肩透かしを食らってる格好です。

まぁ市場は「税制改革」の行方をメインで気にしてるのだと思いますが、

個人的には「税制改革」はトランプが希望的内容で言ってる事をそのまま市場が真に受けて、過剰に織り込んだ事に対する修正が必ずややってくると考えています。

トランプの言ってる事が全て通ると言ってる方もいらっしゃいますが、2525はトランプの言ってる内容での「税制改革」は通らずに、結局修正されてしまうと思います。

普通の相場ならこんな事気にしないのですが、ここまでの上昇と言うのはトランプの言ってる事を100%あるとの仮定で上げてきた相場ですから、必ずやジャスティスされるはずです。

今は毎日上下に激しい時もありますが、結局の所はこの「税制改革」の結果待ちだと思いますので、

決まるまではしばらく上下に忙しい日々が続くと思います。

ただ、14時過ぎの売りが続く状態では、今までの経験から「アッ!!」と言うような下げが夜中に現れる可能性もあると思うので、

怒れる世紀末ベアの出現までもう少しの辛抱と考え昨晩のリバウンドに萎える事なくショートを継続していきたいと思います。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.