未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

ショートはその時までしばらく待ちます。

投稿日:


12月11日の日経平均は3日続伸、

週末の欧米市場が堅調だった事からギャップアップで買いが先行するも失速、

ただし、いつものようにマイナスに転じると下値が急にガチガチになり、それ以上下がる気配が感じられず、前場は小幅にプラスで終えた。

後場になると日銀がいつものように出勤してきて更に下値の堅さが確認できたことから、ジリジリと改めて買いの勢いが強まる展開になりました。

結局大引けまで勢いは続き、再び22900円台を回復で高値引けとなりました。

 

さて、本日の日経は予定通りと言うか想定通りと言うか、前場少しだけ弱い動きを見せてからのリバウンド発生で相変わらずショートスイングのタイミングが図れません。

朝の記事でも言いましたが、(12月限の動きから学んだ)このような場面は天邪鬼にならずにロングをガチホールドするか、明らかに相場が崩れる時まで待ってショートをする為に待つしかありません。

しかしロングに関しては正直したい気持ちはあるのですが、2525の目には日に日に北朝鮮動向はXデーに近づいているとしか考えられず、

そのXデーには当然ロングポジションが逃げる事の出来ないような下げが待ち構えているとお思うと、どうしてもロングポジションを持ち越してというトレードが現状できません。

そうなってくるとNY市場か東京市場に明らかな変化が起きるような事態に何らかの理由でなるまでじっと待つしかありません。

今でも「北朝鮮有事なんてあるわけない」とのご意見を頂きますが、本当にそうでしょうか?

2525はビビリ2525と言われようとなんだろうと、戦争にはならなくとも米朝衝突の一歩前の有事が(突然)発生すると考えて3月限も行動していきたいと思います。

北朝鮮の事さえなければロング放置で楽勝だと思うのですが、どうもそれが出来ない2525です。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.