未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

ベアにおどれが押し切られるかの瀬戸際相場

投稿日:


先週の金曜日はNY市場のSQ日、

ダウは100ドルほど下げましたが、動きを見てるとSQ要因で地蔵下げしてるだけで特に売り込んでやろうとする意思を感じられませんでした。

 

さて、先週は戻り高値をわざわざ抜けて、売り方のロスカットを誘ってから大きく反落と、

「個人を舐め腐ったヘッジファンド」もいよいよ本領発揮となっています。

これまので定石を覆すような逆逆をついてくる相場展開ですから、

ガチンコでロングをホールドしてる人以外は殆どやられてしまってる相場状況ではないでしょうか?

ここで大事なのは先にも言いましたように、

先週は戻り高値をわざわざ抜けて、売り方のロスカットを誘ってから大きく反落」してますから、

ここから再度上げてくるというよりは、

まだまだ下に下げて「22700に上げる過程で仕込んだショート」の利益確定をその下げの勢いの中でしてくるのではと思います。

22700に上げ過程でショートを奴らが仕込んだのなら、利益確定するにはまだまだ値幅が足りないですからね。

奴らのトレードの基本的な考え方は以下の通りだと考えています。

イメージとしてはあくまでも、個人を舐め腐ったヘッジファンドが新たな資金を入れてNEWロング入れてるのではなく、

(奴らは)買い戻しを入れながら踏ませて値を上げて、自身のロングを返済しつつ、少しづつ売り上がって行き、

踏みがまたクライマックス的になり、そこにロングをぶつけて返済し終わったら、

今度は一気に買いを外して値が落ち始めると、今度は逆の事を淡々とやってるだけの相場だと考えています。

ただ、年末に向けて買いは減らしていく方針と言うか、新たな資金は入ってこないと思いますから、

この一連の売りと買いのリズムは結局資金が段々と抜けて行くことにより、下に抜けてかなりの調整をすると考えています。

 

この事を頭に入れた上でここからの相場を考えると、やっぱり本日週明け月曜日は、奴らのショートの利益確定の為に、

一旦は下げると考えられますので、そこまで下げる演出をしてくるのか、またどんな形でセリクラを演出してくるのか、

そう言った事を冷静に見極めていきたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.