2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

来週の2525のテーマは「いつドテンするか?」です。

投稿日:

本日の日経は終始底堅く、

日銀の結果発表後には現状維持を心配する声もあったが、結局高値付近の引けで終えました。

現在イカサマ上げに備えてロングですがドテンする予定です

 

Sponsored Link

 

さて、本日はショートをロスカットしてロングにドテンしたワケですが、

だからと言ってNY市場にブラックスワンが現れないと考えを変更したわけではありません。

天井だとは考えているが、かねてから言ってるように、

NYダウの大調整は「NYダウが急騰した後」か「FANG株の更なる下落」のどちらかがトリガーで突然起こると考えています。

しかし昨晩は「FANG株の更なる下落」でもダウを道ずれに下落するどころか、

ダウの上げに引っ張られて2525が下落場面でFANG株がして欲しくない形のリバウンドの形を形成してしまいましたから、

昨日の東京の大引けまで考えていなかった「NYダウが急騰した後」、これがトリガーであり、

もう1発、2発のの急騰後に訪れるものと考えられるため(※2525の相場観的に)、

ショートを維持して売りあがって耐えるよりもロングを入れてその急騰にお付き合いした方がいいだろうと考えロングポジションにドテンしております。

ただ2525の相場観的に天井は打ったと考えておりますので、

天井相場特有の激しい上下、これをうまく捉えて納得の行く急騰が出ればドテンを決行したいと思います。

また本日は指数先物・オプション、個別株オプションなどの最終売買日が重なるクワドルプル・ウィッチングになるので、

2525の相場観的にここから急騰はしても場中に急落はなく、あるなら月曜日以降だと考え、

もし急騰してもそのままロングポジションを持ったままホールドしたいと思います。

時には天井だと思っていてもついていかないといけないときがあるのが2525のトレードでもあります。

今のNY市場の動向はかなり危険なので万人に週を越してのポジションはお勧めできません。

そこはご自分の資産からリスク許容度を考えて冷静に行動して下さい。

ということで、来週の2525のテーマはいつドテンするか?これですので、かなり難しいですがチャレンジしてみます。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.