2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

日経平均のトレンドに変化はあるのか

投稿日:

昨日のドル円や黒田総裁の講演からの日経先物の落下をみて「日経は天井を売った」と考えてる方が多いようです。

しかし2525はそうは思いません。

もし、日経が天井を打ったのであれば昨日、もっと下で引けていたはずです。

相場のリズム、雰囲気が変わると時はそのような事が起きるもの。

また、そもそも昨日NY市場が休場であった環境で日経が天井を打っただの打ってないだの考えるのはナンセンスだと思います。

週末にMSQ、そしてFOMCや日銀金融政策決定会合と言う重要イベントが迫る中、日経は久しぶりに200日線に帰ってきました。

日程的にヘッジファンドがビビって買い戻しをしてきた事も要因に考えれられるでしょうが、この200日線にくるまでかなりの資金を使ってます。

ここでそれが終わるとは日程的に考えにくい。

相場のパターン的にここで相場が反転するなら、日経はとっくの昔に16900円付近で反落していたはずです。

しかし、そうなっておらず、現在突き抜けてわざわざ200日線にきたと言う事は明確に「日経の上昇トレンド」が続いてると言う事です。

本日は日銀を召喚させる為に前場は17000円を割り込んで軟調な展開もあるかもしれませんが、結局後から振り返ると「17000円の値固め」だったと言うことに気づくでしょう。

セイジャスティス。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.