未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

昨晩のNYの市場に違和感を感じる理由

投稿日:


昨日のNY市場は続伸したもものの、ほぼ横ばいの地蔵相場、

昨日の東京市場の展開を見ると欧米市場もイケイケに見えましたが上値の重い展開です。

 

今晩7月開催のFOMC議事要旨の公表が予定されています。

思い出せば、この時の声明文を受けて米長期金利が低下、為替も円高方向に振れただけに注目されます。

また、昨日ダドリー連銀総裁の発言から米小売の指標結果を受けてのドル円の反応を見て思うのですが、結構な「タカ派」の部分は既に織り込み、今晩よっぽどタカ派の内容がFOMC議事要旨に載ってない限り、円安の材料にはならないと思います。

昨日の相場展開で重要な点は東京市場とNY市場の温度差で、東京市場の展開から米小売の結果だけを見てると、特に小売の結果はサプライズだっただけに、もっとNYの市場は上げてもいいと思うのですが「小売の結果は材料にしません」と言う感じです。

と言うことはNY市場は「何らかの金融政策」とかそう言うものが材料じゃないと上がらないと言うことですね。

2525の相場観的には昨晩のNY市場が小売の好指標に全く反応しなかった、ここが凄く重要でFOMC議事要旨公開が控えていようがなんだろうが、これまでの強い上昇相場であれば昨日の小売の好指標であれば材料にして上げてたのに上げない、これは重要なポイントだと考えます。

2525の感覚では日経は下げたいが「NY市場が邪魔をして下げない」感じを強く受けます。

ここは昨日NYが市場が上げる条件は出てたのに上げなかった事に注目して、本日も引き続きスイングショートホールドで勝負が出来る環境だと考えています。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.