日経先物が落ちてもいいのに落ちない時


本日のように明らかにドレッシング的な買いが入っていたにも関わらず、引けてからその反動で反落もせずに、その位置を保っている時、

そしてその時期が何か重要なイベントがある前(つまりSQが近い等)の時って日経ジャッジメントタイムに高値を更新した事も重なり、

ナイトセッションで日中高値を更新して重要な節目、今でいえば17000円をナイトセッションでしれっと超えてくる可能性も大きいのではないかと2525は読んでいます。

通常であればあからさまなドレッシングらしきものが入ったら、大引け後には結構な値幅で反落したりしますが、それが今現在ない。

つまり、「普通に考えて落ちてもいいのに落ちない時」と言うのは何らかの大きな資金の強い理由、意思があるからこのようにあるわけです。

このような時には相場を理屈で考えては乗れないし、ホールドも出来ないと思いますので、

ロングポジションでポジションを引っ張ってる人は一部利益確定をする等した後に、この熱い状況で(引っ張る)勝負ができるようにしておいた方がいいと「2525は」思います。

今、勢い、正義はロングにありますからね。

セイジャスティス。