2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

「いかにも」な雰囲気ですが現状維持

投稿日:

昨晩はムニューチン発言により10年債が急落してドル円も日経先物も落下しました。

現在東京時間では東京市場市場自体になんら主体性がないので下記のブログ記事にもあるように、

個人を舐め腐ったヘッジファンドによる短期売買に終始しています。

 

 

現在NYダウだけが上がり続け、その他の市場はヨコヨコ。

特に日経はドル円の重しが加わり、ヨコヨコを通り過ぎて地蔵相場。

現在NYダウが上がり続けてるからいいようなものの、

トランプ大統領の「驚くべき税制改革」発表後に出尽くしで大きく下げた時に日経も大きく下げることは目に見えてます。

この事について、よくお叱りのDMを受け、だからショートでスイングなんだと言われますが、

NYダウだけが上がり続けているが、いざNYが大きく下げると日経も下げることが怖いという事自体は誰でも思ってる事です。

本当に「いかにも」って感じの雰囲気なんです。

2525もトランプラリー以前の相場であれば、とっくの昔にロングポジションは精算してノーポジかショートポジションを取ってた雰囲気です。

しかし、このトランプラリーは誰も経験したことのない秩序の元で動いてるのであり、今までの相場観が使えないこともしばしば。

そういう事もあり、今みなさんも私も感じるこの「いかにも」な雰囲気の時にそのまま中長期のショートスイングポジションを取っても取れそうなイメージが2525には湧きません。

また、トランプ大統領の「驚くべき税制改革」発表後に出尽くしの下げ自体も皆さんは「大きく下げる」と言われますが、

2525はそんなに大きく下げるとは思ってません。

今月はこのままロングは我慢の展開となりそうですが、

来月から季節性という要因も加わりドル円も日経もフェニックスの兆候が現れると思います。

2525派約束の地、日経20000円は現在近くて遠いですが、

この地蔵相場を過ぎる来月くらいからその姿が見えてくると思います。

-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.