やはりNYダウは死んではいなかった

投稿日:

ベトナムに滞在のの間、PCが壊れた事によりブログ更新が不可能だった為、禁断症状が出てた方が多かったと思いますが、

やっと帰ってきましたのでまたブログを再開しますのでよろしくお願いします。

そう言えば先週末、以下のように熱心な2525ファンの方々から過去2番目の勢いでDMが届けられました。

スポンサーリンク

くだらないと思われるかも知れませんが、相場は雰囲気で動いてる所が多々あり、

このような2525へのメッセージも相場の私の中では結構「大衆心理」を掴む上でのサンプルを収集と言う意味では大切にしております。

と言うことで、先週末過去二番目の勢いのDM(反対ポジションの方々が興奮MAXしていた)だと言うことで2525の中では相場の反転のサインが出ています。

また、2525が以下の事を先週指摘しておりました。

トランプの過激な発言や行動の割には思ったほど相場が下がらない。売り飽き感もヒシヒシと感じませんか?本来なら18500付近に来ててもおかしくない雰囲気や展開なのに実際はそうならない。これは相場が死んでないことを意味します。

そしてその後、NY市場は死んだ、トレンドは変わったとの声が多い中、2525の指摘通りにNYダウは20000ドルを回復してきましたので、日経も当然後追いします。

日米首脳会談通過まで警戒感から本格的な上昇は難しいと思いますが、死んだふりしていたNYダウが再起動した以上、

ここはやはりロング目線でスイングのロングポジションはしっかりとホールドしていきたい所ですね。

先週末以下のようにアンケートを実施した結果のように「最後はやっぱり2525WIN!」ですから、投票ありがとうござました!


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.