未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

2019年11月13日お昼の相場観

投稿日:


 

 

さて、Twitterで下記のようにように言いましたが、正しくは上記のチャート図の方が正解です。

 

 

緑枠である程度勢いを持って掘り進んで、そして下ヒゲを出し、そして赤枠内でグッと底値から+200円ほどリバウンドをするというのが、先週のパターンでした。

本日は後場からほぼ間違いなく、一ヶ月ぶりの日銀砲が飛び出すわけですが、

111/8-11/11にかけてあったようなリバウンド局面があるのかないのか気になる所となってきました。

先週のパターンなら、底値から+200円ほどですから、450円、460円くらいまではリバウンドをしてもおかしくないと言う感じですが、

Twitterで朝にも言いましたように、本日23500円を回復して終わらないと、妙な空気が市場を覆い始めると思いますし、

何しろ、週末に向かうに従って香港情勢が悪化してきてますから、

ここまでチキンレース気味に遅れて買い進めてきてた投資主体も週末を見据えて一旦売ると言うよりも、買いの手を緩めるのではないか、

そして、その買いの手を緩めた事がキッカケで下落のリズムが止まらなくなるのではと考えます。(暴落と言うより値幅のある調整)

まぁ今は赤枠内ですから、日銀も来ることですし、赤枠内でリバウンドを演じる可能性は高いわけですが、

何度も言いますように、もし赤枠から下に突き抜けるような事になれば、売り方にとってやっとの事になるのではと考えています。

久しぶりの日銀の影響で、事前にリバしすぎ(過剰に期待しすぎ)と言うのもかなり気になります。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2019 All Rights Reserved.