未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

チャネルラインを結局下抜けると考え、2525は賭けました

投稿日:


10月29日のNY市場は続落。

 

前週の大幅安の反動で大きく反発してスタートしたものの、新たな米中貿易戦争激化の可能性が伝えられたことで大幅に反落。

 

ダウは朝方に352ドル高まで上昇したものの、終盤に何と566ドル安まで下落し、245.39ドル安(-0.99%)で終了、ボーイングが6%と暴落し、1銘柄でダウ平均を160ドル押し下げた形。

 

S&P500も1.81%高まで上昇後、2.07%安まで反落し、0.66%安で終了。

 

NASDAQは一時3.41%安まで下落し、1.63%安で終了しました。

 

昨晩は色々あったものの、11月に予定される米中首脳会談の結果によっては早ければ12月にも更なる対中追加関税が賦課される可能性があるとの報道が嫌気された形となりました。

 

それを受けて中国事業の比率が高いボーイングが大幅安となった他に、朝方プラス圏で推移したハイテク株にも売りが強まりました。

 

エヌビディアは朝方に2.95%高まで上昇後、何と11.24%安まで急落し、6.39%安で終了。

 

アマゾンとネットフリックスもそれぞれ6.33%安、5.00%安と大幅に続落し、リスクオフムードが継続しています。

 

さて、大変な事になってきましたが、まずは各チャートの形からざっくりチェック

 

 

 

 

 

 

昨晩のナイトセッションは寄り付き後しばらくしてからで日経は21500円まで例の無限上げ、日銀前には時々、政策期待でこの問答無用の無限上げがあるので、売り方に面倒くさい事になったなと考えていました。

 

しかし、直近のミニ急落の時と同じような(上髭を含んだ)形になったので、少しだけ期待をしていたら、そこからズルズルと下げだし、しかし中々粘るので、持ち越しのショートポジションははっきりしないので、全て持ち越しとして寝たらそこからアホみたいに下がりました。

 

まぁよくある監視しないで寝ると動くと言うアレです。

 

 

 

下記は日経の4時間足チャートでWボトム風になっていますが、結果的に昨晩21500円まで吊り上げられてチャネルラインの中央で跳ね返された形になっていますので、

 

経験上、こんな所でこんな動きをした後と言うのは結局チャネルラインの下限を割に行くことが多いので、現在Wボトム風とは言え安心できない形です。

 

日経4時間足チャート

 

 

また、下記はダウとNASDAQの日足チャートですが、このチャートは、暴落開始にも総投げから底打ち大反転にも見えます。

 

とにかく、昨晩のダウの暴落−600ドルとそこから+300ドルが凄すぎます。

 

しかし、総じてこんなどっちか分からない形の時はやっぱり掘ることが多いことも忘れてはいけません。

 

ダウ日足チャート

 

NASDAQ日足チャート

 

 

こうなってくると、『日中同時に材料をリークしたのに結局売られてしまった「事実」』でも言ってましたように、リークしたのに上がらなかったと言う事はこういう事だったと言うことを見せつけられました。

 

ここからどうなるのか、各自意見はあると思いますが、2525は多くの人が言ってる20500で止まらずに、そこから1000円下の19500円まではあるのではと考えています。

 

昨晩のあんなクソ舐めた21500円への吊り上げなんかをしてるくらいだから、個人を舐め腐ったヘッジファンドはまだまだ余裕なんでしょう、

 

コイツらは買い方にトドメを刺してくると思うんですよね、だからこんな所でもショートしてるわけですが、

 

ここでのショートは単純に昨晩の高値を超えたらLCくらいの幅で持てるロットで入らないといけないこと、これには売り方同士には注意してもらいたい所。

 

また、このチャネルライン下抜けた場合、このチャネルライン内でもパワー溜まってますから、やっぱり20500なんかで止まらないと思うんですよね。。。

 

繰り返しますが19500円、ここくらいにいかないといわゆるセリクラはこないのでは?と今の所考え、

 

先程も言いましたように21500円超えてのロスカットまでは、日銀もおまるもくるでしょうが、握って勝負したいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.