【新たな予言とは?】だから何度も僕言いましたよね?

更新日:

昨日、「もう日経はダメだ」「トランプラリーは終わった」とのDMやリプライを皆さんから受け取りながらも、

2525は一切ブレずにツイッターやブログで就任式前までの2525の相場観イメージを事細かくお伝えしました。

例えば以下のブログ記事ですが、

2525の相場観的には20日の就任式の前、

つまり18日か19日に日経やドル円に「何故か突然意味不明な戻りが発生する」と思っています。

※この意味不明ってのがポイントで突然戻りのターンが発生すると考えてます。

また、2525のイメージとしては就任式前に日経は19000円付近でスタンバイ、就任式通過で19300~19400円付近、

週明けNY市場が20000ドル突破で今月内に日経20000円を一応つけるイメージでいます。

ですから、2525は現状既存のロングポジションをまだまだ継続する方針です。

※相場は再び上がるのが分かってるのに手放す理由がありません。


スポンサードリンク

さて、どうでしょうか? 何回もお伝えしてたように、

18日か19日に日経やドル円に「何故か突然意味不明な戻りが発生する」、

ここがポイントなんですね。

まぁこれはトランプラリーの特徴を押さえていれば、そんなに難しい予想ではありませんね。

もう起こった事は過去のことなので、問題は次の展開ですね。

就任式通過でどうなるか?

2525はなんと書いてますでしょうか?

「就任式通過で19300~19400円付近、

週明けNY市場が20000ドル突破で今月内に日経20000円を一応つけるイメージでいます。」

さぁどうでしょうか??

はい、また皆さんはイメージできませんよね?

昨日、「何故か突然意味不明な戻りが発生する」と言っても皆さん、「そんなのあるわけない」とイメージできませんでした。

でも結果は今見ての通りです。

と言うことは、新たな予言をしなくても、

ここからどのような展開になるか分かりますよね?

何度も言いますが、相場は再び上がるのが分かってるのに手放す理由がありません。

2525派の約束の地、日経20000円へ皆さんWINWINで向かいましょう。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.