未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

【先物手口判明後、加筆済】トランプに対する中国の答えは「元安」,さぁトランプはどう返答するか?

投稿日:


さて、本日は急速な人民元安からの乱高下の相場となりました。

 

ツイッターでも以下のように言いましたように、昨晩トランプ大統領がドル高を牽制してからの中国が回答とばかりに更なる元安誘導ですからね、

 

早速トランプ大統領も今晩何か言うのではないかとの思惑から日経もポジションを外す向きがあったのは仕方のないこと。

 

 

話題のクレディスイスの買いが昨日緩まったのは、この一連の流れを事前に予想しててのことなのか分かりませんが、相変わらず子供と大人の情報量の違いには閉口してしまいます。

 

日本ではあまり報道されていないようですが、人民元が急速に安くなるものですから、新興国通貨も不安定になっており、流石に見過ごせない状態になってきています。

 

ベトナムでもこの元安に対してベトナムドンをどうしようかと苦慮してるようですし、アメリカと中国がマッタリとやりあってる間にその周辺国が先に異常事態を起こしてしまいそうで結構怖いです。

 

中国市場はお得意の「中華おまる」が後場発射されたようで強烈なリバウンドを演じていますが、これは前回のチャイナショックの時にあまり意味がない事は証明されていますので、

 

これにて再び中国株も上昇に向かうとかそんな性質ではありませんから、売り方としては「ああ、よかったね」くらいでニヤニヤ眺めるくらいでよいと思います。

 

また、ドル円についてですが、は以下のようにも言いましたように、

 

昨日の113円と言う鬼門にて(たまたまかも知れませんが)トランプ大統領の口先介入がありましたから、

 

流石に昨日の今日で口先介入をしてきたラインをすぐに超えていくと言うよりは、

 

昨日の一撃でドル円の動きは傷を負ったと考えますので、2525の相場観的には(強い)上昇トレンドが変化してしまったと考えます。

 

2525自身はFXの資金が現在ないので、出来ませんが、昨日の高値抜けをロスカットにドル円ショートってのも面白いのではないかと考えます。

 

まぁ今の所、相場は落ち着いてしまったようですから、クレディスイスの手口を待って色々と妄想してみましょう。

 

※本日7/20分のクレディスイスの日経先物の手口が分かりましたので加筆しました※

 

本日7月20日のクレディスイスの日経先物は立会外を含んで-643枚と、とうとう売りに転じてきました。

 

ただ売り越ししてきたと言っても枚数的に少ないですし、そもそもクレディスイスはまだまだロングをたんまり抱え込んでる事を忘れてはいけません。

 

ただここまでずっと買い越し続きだったものが売り越しに転じてきたと言うのは、

 

先物手口オカルト投資法にはなりますが、なかなか面白い相場判断の一部として気にしてみるのも面白いかも知れません。

 

7月20日 -643枚  ⇒本日NEW!

7月19日 783枚 ⇒NY市場が軟調になり始める

7月18日 2502枚

7月17日 1254枚

7月13日 1827枚

7月12日 1712枚

7月11日 708枚

7月10日 2189枚

7月 09日 1243枚

 

昨日クレディスイスが23000円アタック出来る位置だったのに、急に手を緩めたら、その晩のNY市場は何故か軟調になるわ、トランプ砲や中国の元安砲は出るわで、

 

本日は彼らがついに売りに転じたと言うことで、今晩のNY市場で何が起きるのか? オカルト投資法として楽しんでみて下さいね。

 

ニヤニヤ。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.