未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

日米首脳会談待ちプレイ

投稿日:


4月17日の日経平均は小幅に3日続伸。

 

昨晩のNY市場だかには全く反応せず、前日終値近辺を挟んで地蔵相場を演じました。

 

22000円の大台を前に上げたら売られ、下げると買われ、もう明日の日米首脳会談前には動きたくないと言った感じとなり、後場は前場以上に動意薄となり、そのまま大引けを迎えました。

 

さて、明日は日米首脳会談が控えており、何か具体的に株式市場に影響があるような材料が出てくるのか注目されます。

 

明日はいつものトランプ大統領のつぶやきプレイに振り回されると思いますが、ここまでの動きを見てると貿易摩擦に関して何らかの圧力をかけてくるのは織り込んでると思いますので、

 

日本に取って相当不利な要求を突きつけられない限り、まだ大きく売りこまれる展開にはなりずらいだとうと考えます。

 

ただ、為替市場に妙な噂が流れている以上、油断は出来ませんので、売りも買いも為替を注目して、明日の首脳会談通過を待ちたいと思います。

 

今晩は引き続きすることがありませんが、朝にも言いました、債券市場の不気味な動き【イールドカーブのフラット化)ですが、これが起きても本当に何事もなくNYは市場は堅調に上げていけるのか、過去経験から波乱の目がいつ発生してもおかしくない状況にあると思いますので、監視は続けていきます。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.