未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

下げて喜ばず、上げて悲しまず

投稿日:


12月26日のNY市場は小幅続落、

原油高によりエネルギー株やクリスマス期間の売り上げ好調が伝えられた消費関連株が上昇した一方で、

iPhone Xの出荷見通し引き下げが伝えられたアップルや部品メーカーのマイクロン・テクノロジーなどが下落。

ダウはアップルの下落分をホーム・デポ、ウォルマート、シェブロンなどが埋め、0.03%安とわずかな下落にとどまった一方でNASDAQは0.34%安となって終了しています。

 

 

さて、今年もあと3営業日となり、

昨晩のダウを見てても分かるようにもう地蔵モード全開で上にしても下にしてもヤル気が全く感じられません。

こんな状況で熱くここから上だの下だの言っても仕方のない事になってきましたが、

まぁ大納会での(政府公認)23000円イカサマ乗せ演出に向けて着々と準備はされてるだろうと思いますので、下げて喜ばず、上げて悲しまずと言った所でしょうか。

手持ちのポジションを変更する予定もなく、今日も引き続き開店休場状態でマッタリと仕事でもしようと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.