未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

選挙相場に踊らされる投資家と笛吹き男

投稿日:


Twitterにて色々と私の投資手法や徹底ラインについて呟いていますが、

そんな事よりも来週の相場についてどうなるのかと言う予想を簡単に考えていきたいと思います。

 

まずNY市場ですが、前週金曜日から言ってますように米国の景気は天井を打っており、

これから徐々に悪化した経済指標が出て来ると思います。

それくらいなら今までのNY市場であればただの調整で終わるのですが、ここまで良い所だけを織り込んで暴走ダンプのように駆け上がってきたNY市場ですから、

一旦そう言った悪材料が出て来ると急に今までの強さはどこに行ったんだと言うくらいの弱さに切り替わると思います。

天井を打ってるのに何故下げないのかと言うご意見も当然あるのですが、相場の天井とは鋭角に付ける時もありますが、

人々が意識できないようななだらかさで訪れる時もあり、今がまさにそれだと考えます。

先にも言いましたように、大きなダンプが駆け上がってきたイメージですから、

アクセルを踏み終わってもしばらくは慣性で進んでると言ったようなイメージを持たれると分かりやすいと思います。

と言うことで、NY市場の惰性走行が終わるのも今週~来週だと2525は確信、その後は大調整が訪れるイメージです。

また我らが日経は何の材料もないのに「選挙期間は下がらない」と言うだけで、材料もなしに上げてますが、この日経も今週がヤマ場だと考えています。

連日色んな方から「日経は23000円までノンストップ」だの「25000円までは固い」だの急に威勢のよい相場観を聞きます。

そして調子に乗った各アナリスト達もこぞって強気転換のレポートをここで出してきました。

しかしこれらはすべて選挙の支えで生まれた一時的な買い需要と言うだけで皆さん踊らされているだけなんです、今は気づかないと思いますが。

何度も言いますが、何の材料もないのに政権の笛の音に(支え)により皆さん踊らされて株価上昇をしてますが、

こんなバイイングクライマックスのような買いが健全な相場で続くわけがありません。

踊らされていない皆さんが感じているその違和感、それは間もなく現実のものとなると2525は考えます。

政権の笛の音に踊らされて高値を買っていった投資家達はどこかに連れ去られ、そして消えてしまったと言う未来が見えて仕方ありません。

その強烈な梯子外しの展開は、みなさお気づきでないと思いますが、

もうすぐそこ、後一週間ほどだと考えています。

ですからTwitterでも申しましたように、2525も後一週間ほどの間に起こるだろう梯子外しを捉える為に、後一週間ほどの兵糧は用意が出来ました。

ただ今の所、新たに売りかぶせるだけの余剰資金がないので、

資金調達が出来るまでは新規売りを今週が日米の天井が重なると読んではいますが現状できませんが、

調達の目処が建てば新規売りを追加して、日本版マネーショートを達成したいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.