2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

【訪ね熊】ベアよ、お前はどこに行ってしまった?

投稿日:

本日の日経は寄り付きこそやや軟調だったものの、

寄って暫くすると、またまた買いがジリジリと入り、指数を押し上げました。

 

さて、この上げ一体いつまで続くのやら、売り方泣かせの上げは北朝鮮リスクのある中買い上がって行っており、

とうとう終値ベースで2015年6月24日の高値20868円を上回り、1996年12月以来、20年10カ月ぶりの高値となりました。

本当のバブルの勢いを感じるにはもっと輸出株なんかがもっとアゲアゲするべきだと思うのですが、

やはり足元で円安にブレーキがかかってしまっているのでパッとしません。

日経がもっと持続性のある強い上昇を演じるには「更なる円安が必要」とされるそんなタイミングでの今晩、

9月開催のFOMC議事録が公表されますが、そもそも思い出せばこの時の会合で、多くのFRBメンバーが年内あと1回の利上げに前向きと判明したことが、米長期金利の上昇とドル高・円安を誘った事を思いします。

日経が1996年12月以来、20年10カ月ぶりの高値となった本日、

直近、円安にブレーキがかかって日経の上昇に一定のブレーキをかけている為替水準が9月開催のFOMC議事録で再び息を吹き返すか見ものです。

ここまでの相場の順序を考えると、今晩FOMC議事録をキッカケに円安に振れだし、日経は上昇アイテムをゲットして、21000円到達で週末の選挙演説と言った仕込みでしょうか。

全く恐ろしい統制相場でございます。

2525のポジションはロスカット条件にまだ入っていないのでホールドはしておりますが、このような理由から高確率で狩られる子羊状態になってしまいましたが、

その時までは諦めずにホールドしていきたいと思います、相場は何があるか分かりませんからね。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.