未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

感じる「買い飽き感」と踏み上げのギリギリのせめぎあい

投稿日:


本日の日経は前場こそ寄り天でダラダラと下げていたものの、

お昼休み中に衆議院の解散が決まってからはアゲアゲの展開となりました。

 

さて、本日の東京市場の動きを見ただけでは撤退するべきかどうか、やはり判断はつきませんでした。

朝にも言いましたように日米の市場共に「買い飽き感」を感じていますが、「売り飽き感」同様、

この「飽き感」と言うのは実際に相場がそのように動くまでに時間がかかる時が多いので、

今感じている「売り飽き感」が今晩すぐにくるかとかそう言うことではありません。

NYダウが特大の材料である「税制改革」を通過しても「出尽くし」とならないのですから今晩も上げるんでしょう、

朝も言いましたように、このような場合はテクニカルがどうのより、行き着く所までいかないと止まらないものです。

ただ、NY市場の位置が位置だけに、(行き着く所までいく展開の中で)勢いのあるアゲアゲの中で突然ポッキリ折れるような展開があるだろう事を何度も言いますが想定しておかないといけません。

まぁ最近のNY市場はちょっと以前と違って「一日おいて」反応をしてくる事も少なくないので、一日おいて「出尽くし」となる訳がわからない展開も考えられますので、

アンチの皆さんは嬉々と興奮してDMを送って来られるのですが、取り敢えず今晩のNY市場の動向はよく見て動きたいところです。

また、このような官製相場は月替りでガラッとその様子を変えることもありますから、まだまだ2525ジャスティスの目は消えたわけではありません。

ただそうは言っても当初から決めていた撤退ライン、相場条件はあるわけですから、そうなればみなさんにお知らせ致します。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.