未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

NY市場の「掘り足りない感」、今晩現実のものとなるか注目な件

投稿日:


本日の日経先物は寄り付きこそ前日比で高かったものの、ジリジリを値を下げ、

後場は日銀が来たと思われるが、それに追随する動きもなく、結局本日最安値付近で引けると言う「下落相場でよく見れる」現象を演じました。

 

さて、週末の課題だった週明けの東京市場が終わりました。

2525の予想では「本日の東京市場は下落」としていたので、先週と異なり今週の相場展開は2525の相場観とリンクしている事になります。

と言うことは、先週2525がNY市場の動きを見て抱いてた「掘り足りない感」、これが具現化された動きになる可能性が高いと考えています。

また、先週金曜日に無駄にリバンドした時にスケベロングも結構入った事から、

本日、明日とNY市場ではそのスケベロングを巻き込んでの下落のチャンスが出てきました。

朝の記事でも申しましたように、ここにきてNY市場の空売り比率が低下しきています。

今までこの空売り比率が異常に高かった影響で胸のすくような下げがなかなか見られませんでしたが、

空売り比率の低下と共に胸のすくような下げが再び見れる環境になってきましたので、現在は環境的にも下落したら幅が出ると思うのでチャンスなので熱いですね。

先週も言いましたように今週の2525のイメージは週末のジャクソンホールに向けて、

週初は下落で直前の木、金辺りで講演警戒でリバウンドと言うような感じだと思います。

だから2525の相場観の中では本日と明日にそれなりの下落がNY市場で起きる事が凄く大事な事で、実際そうなる可能性は高いと考えています。

本日の日経を見てもここが押し目ではないと思いますし、NY市場も同様です。

ここはホールドしてるショートポジションの扱いに悩むと思いますが、

思惑通りにNY市場が大調整のサイクルに入ってれば年に数回の大きく取れるチャンスなので、

ここは我慢が必要な時だと2525は考えます。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.