2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

昨晩NY市場が下げなかった事で安心は出来ない理由

投稿日:

昨晩のNY市場は北朝鮮動向が影響をして弱かったものの、

昨日「そう簡単に続落をさせてくれないのがNYのAIイカサマ相場、一部利食いもまたよし」でも言いましたように、アメリカ本土の話ではないので下げは限定的なものとなりました。

 

昨晩の東京時間からNY時間の相場展開、

やはりNYヤンキーはアメリカ本土に関係ない話では決定的な下げの要因にはなりませんでした。

売り方にはなんともイライラする話ですが、NYヤンキーの思考とはそんなものです。

2525が昨日、ポジションの一部利食いに動いたのは、この相場展開が強くイメージされたからに他なりません。

ただ、2525の思っていたNY市場の反応とは少し違っていて、昨晩はなんだかんだ言ってNY市場はもっと上げると考えていました。

いわゆるNY市場の愛国上げってやつです。

しかし実際はアジア市場のように大きく下げはしませんでしたが、2525の相場観で感じていた上げがない、これはやはり違和感を感じます。

昨晩のNY市場を見ると普通なら「NY市場は大きく下げませんでした、よかったね」で終わりそうな話ですが、2525の相場観的には「昨日上げなかった事」が問題なのです。

昨日の状況ではそもそもNY市場は上げないでしょと思われる方も多いと思いますが、昨日のような状況、雰囲気だからこそ、その反対に上げるのがアメリカなんです。

しかし結局上げなかった事で2525はNY市場に変化が起き始めてると考えています。

これは感覚的なモノで説明しにくいのですが、相場展開のパターンと言いますか、それが2525の中では明らかにこれから上昇していく相場展開とは違うものなんです。

ですから、昨晩NY市場が下げなかった事で(ロング勢的には)一安心と言った感じではなく、2525の相場観的には昨日NY市場が(愛国上げ)上げなかった事で、今晩以降のNY市場の下げに期待が出来ますし、週明けの東京市場の下げにも期待が出来る環境となってきました。

現在ややリバウンド基調なのに下げに期待が出来ると言うのは理解しにくい方もいると思いますが、相場とは一筋縄ではいかないものですから答えは簡単ではないと思います。

そう言う事から、ここはホールドしてるショートポジションの握力が試される場面だと思いますので気合を入れてホールドしてみます。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.