2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

「危機の崖登り」に理屈を求めてはいけない

投稿日:

昨晩のNYはFOMC議事録を発表を控え主要指数は前日終値水準での揉み合いでしたが、

議事録公表後にジリジリと買いが入り、21000ドルを超えて終わりました。

「危機の崖登り」中にショートは出来ません~2525の格言

 

Sponsored Link

 

議事録公表後にNY市場は、またまた「危機の崖登り」を演じてS&P500が最高値更新と言う何ともまぁ日本人にはよく分からない上げ方になってます。

一方議事録の内容が利上げに積極的な内容でもない想定通りの内容だと言うことから今のところは米金利も下がった為、

ドル売り/円買いの流れになり、ドル円は下げてはいますが、

これだけジリジリ揉んで上げてジリジリ上げて揉んでを繰り返して直近上げて来たわりには

FOMC議事録後の売り、いわゆる「噂で買って事実で売り」の売りが出てきません。

もっと市場がネガティブな時はこのFOMC議事録の内容でも「事実売り」で1円くらいのインドラの矢が降ってきてもなんの不思議もありませんが、

実際は発表から50銭くらいのドル円の落下で済んでいます。

この下げ方からもここから本気で下を目指そうとしてる雰囲気は感じられませんが、

ただ、26-27日開催のG7や26日の日米首脳会談が控えてる中、

寂しがり屋のカリアゲ将軍様がまたミサイル発射で注目を浴びようとして

通常ミサイルのボタンの横にあるICBMのボタンをうっかり押してしまう可能性も0ではありませんから、

NYが「危機の崖登り」をしてるからノーリスクみたいな考えはいけませんね。

でも2525のトレード的には北朝鮮が怖いからと言っていちいちポジションを外していたのでは何も出来なくなるので

損失覚悟でNY市場の「危機の崖登り」にしばらく付き合いたいと思います。

また凄く大事な事なのですが、

NY市場の「危機の崖登り」に理屈を求めてはいけないんです、彼らはフィーリングだけで取引してますから。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.