2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

懸念されてた事態は回避、後は4月から上がるだけ

投稿日:

昨晩のNY市場は強い10-12月期GDP・確報値が好感されて上昇。

NY市場で上げてる現物株の内容を見ても4月相場に期待させる内容ということで一先ず安心と言った所でしょうか。

2525が警戒すべき日だと考えている理由について

結局、2525が以前から懸念していた29日、30日にドル円が110円を割れるネタ、

つまり、トランプ政権が為替操作国にペナルティを課すという観測記事が29日か30日で出ると言うことだったのですが、

もっとも懸念されていた「日本の名前が記載される」と言う事態は回避されたので、

ヘッジファンドのアルゴリズムやAIも最後のチャンスとドル円の下値にチャレンジはしたような動きでしたが、

111円付近が思いの外固い上に、

「トランプ政権が為替操作国にペナルティを課す」と言う事が「公約を実行しようとしてる、いいじゃん」とか、

アメリカ人特有のポジティブモードで捉えられて結局上げました。

Twitterでも言いましたが、(色んな原因がある中)この為替操作国のネタ(名指しされるかも)でドル円はずっと上値が重かったのですが、

それも結局噂で売って事実で買い戻しと言う状態に(今のところ)なってますし、

レパトリの動きも本日を過ぎれば治まると言うことでドル円は上値抵抗が4月から随分となくなってしまいますので、4月の戻りには期待できそうです。

ただ、本日まではドル円ではレパトリの動きと、

日経に関しては一部金融機関からの日本株のポジション整理が出るかもしれませんので

ウキウキでロングしてたらいきなり梯子を外されるかもしれないので注意したい所です。

しかし、これで2525が心配してた29日と30日、そして為替操作国として名指し批判もなく通過しましたから、

2525の相場観的には4月は問題なく日経20000円を目指せると確信しております。

皆でロングしてWINWIN、約束の地日経20000円を目指しましょう。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.